パート主婦のじみしです、こんにちは。

えっと、最近パート先の諸事情で勤務先が移動になるっぽくて、ちょっと遠のいてしまいそうです。

今までは片道2km弱の距離で電動自転車で10分かからないくらいの距離でした。

それが新たに移動を打診された勤務地だと、片道6kmほどの距離があります。

しじみ

自転車通勤で6kmってどうなの?

っていうことで、実際に走ってみました。

電動自転車で6kmをはしるにはおおよそ30分くらい!

しじみ
自転車で6kmは、道路状況を考慮して30分くらいかかりました。
  • 道路の幅が狭くて走りづらい部分での減速
  • 歩行者や自転車とのすれ違い
  • 信号待ち

自転車自体は速度が出るのりものでも、がっつり飛ばして走ることは難しいですし、

もちろん安全確認を行いながら走れる程度の速度だったり、周囲の迷惑にならないような配慮も必要。

そうすると所要時間は6km30分ほどでした。

途中で学生さんが車道をかなりかっ飛ばして走っておられて、「おお!」と思いました。

自転車ってそもそもカテゴリ的には軽車両でして、車道を走る乗り物な訳なんですけど、

私の今回のルート、結構大きな国道を走るルートなので、車道の車は最低50kmくらい出してるんですね。

この速度の車道の端を自転車で通るのはなかなか恐ろしい!!!

車道の端が正解か?

歩道が正解か?

悩ましいですね、自転車って。

このあたりは交通ルールはあるにしても、臨機応変にお互いが譲り合って、というような部分がありそうです。

しじみ
車の無理な幅寄せもありますし、現実的なところでは歩行者に配慮しながら歩道のはじっこでチンマリ運転するのが一番身の危険はないような気もします。

道路工事や連続した駐車車両などのために車道の左側部分を通行するのが困難な場所を通行する場合や、著しく自動車の通行量が多く、かつ、車道の幅が狭いなどのために、追越しをしようとする自動車などの接触事故の危険性がある場合など、普通自転車の通行の安全を確保するためにやむを得ないと認められるとき。

[道路交通法第63条の4、道路交通法施行令第26条

しじみ
車道が恐ろしかったら、歩行者への配慮をした上で歩道を走らせてもらうことも必要ですね。

結構認知されていない「自転車のルール」

 

上のボタンから外部サイト様に飛びます。

一読推奨!

しじみ

自転車の交通ルールについてまとめられているので、自転車を利用するかた、家族が自転車で通勤・通学をするかたはご覧になってみてください。

自転車に乗っていてこういうときどうしたらいいの?って言うシーンがクリアになりますし、ページが綺麗で見やすいです。

電動自転車とはいえ30分漕いだら疲れる件。

電動自転車なら余裕でしょ?

だってアシストだもーんとか思ってたんですけど、電動自転車でも30分漕げば結構疲れましたことをここにご報告します。

最初「ロングモード」っていう弱アシストで漕いでたんですけど、途中から「オートマ」にかえました。

自転車での通勤疲れって慣れ…るの?

いや、でも、なれるんだろうな、きっと。

下手にジムとか通って体力作りするよりは安上がりではあります。

でもトレーニングバイクと違って、様々な危険や、排気ガスにさらされるなどの外的な刺激も満載です。

イヤホンとかスマホとか自転車乗りながらは絶対ダメですし、喘息の気がある場合は気をつけましょう。

30分漕いで数時間仕事して30分漕いで帰ってくると更に疲労。

私のパートは基本的に立ち仕事。

これがデスクワークなら通勤がいい運動になって~、とか言ってみたかもしれないんですけど、立ち仕事なので結構脚にきました。

立ち仕事×自転車通勤は脚に来ます。

でも今は”動く”ことや”働く”ことのリハビリ中。

パートで働きに出かけるのは、体力や社会性の面でのリハビリを兼ねている部分があります。

  • 変更前)往復4㎞+立ち仕事5時間(休憩なし)×週2日
  • 変更後)往復12km+立ち仕事4時間(休憩なし)×週2日

体力的に不安もあったので通勤距離が伸びる分、勤務時間を1時間短くしてもらったのですが、自転車のせいか慣れない環境のせいか、とりあえず初日は結構疲労を感じました。

なれない自転車通勤でもやれなくはないから挑戦してみる。

なれない自転車通勤ではありますが、出来ないことではないのでやってみようと思います。

体力がついたら嬉しいなー。

それになにより、パート先にはとても良くしてもらっていて働きやすいのです。

福利厚生も魅力的ですし、頑張ってみようと思います。

でも4時間勤務に短くしちゃうとお給料は減っちゃいますね。

そのうち慣れてきたら5時間に戻すか、4時間のまま日数を増やすことも視野に入れても良さそうです◎

さてさて、自転車安全運転でがんばるよ。

おすすめの記事