スポンサーリンク

【10年間で洋服に数百万円使って分かったこと】ミニマリストに憧れるのは着倒せない事への後ろめたさからでした。

ゆるミニマル暮らし
ちゅぴ子
ちゅぴ子

めんどくさがりが高じて、物の管理労力を減らすためにシンプル&ミニマル化したい。

ってことで先日クローゼットの中身を整理しました。

ここ数年間にわたって結構処分しているはずなのに結構な量の衣類を手放すことにびっくりです。

手持ちの洋服を減らしたと思っていても、想像以上に手元に残っているものなんだなーと感じました。

スポンサーリンク

着ていない綺麗な服を手放すことがもったいないし心苦しい。

洋服って難しいんですよね、十数年衣類を扱う仕事に就いていてもそう思います。

生地の寿命と着用の寿命がかみ合わないんです。

生地としてガタがきていなくても、着用としての寿命が尽きてしまうことが多いこと多いこと。

破れたりほつれたり色褪せたり、物理的に着られなくなることよりも、なんだか生活スタイルやその時の自分にマッチせずに着なくなることの方が圧倒的に多いのです。

これは豊かな国・豊かな時代で過ごしているからこそ起こりやすくなる現象なのだと思うんですけど。

デニムが定番とか言っても、デニム生地自体が定番なだけであって、シルエットってかなり流動的。

股上の深さや、裾の筒の太さなんかでたちまち時代遅れ感を出してきます。

トレンチコートなんかも定番で長く使えるように思えますが、ウエストの絞りとベルト位置の高さ、肩まわりの仕立てのボリューム感で時代って出るんですよね。

個人的にはシルエットのトレンド性を考えると長く使えるアイテムって定番物にもほぼ存在しないのではないかと思います。

どうにかすればそれっぽく活かせることもあるんだろうけど、スタイリングを仕事としていない状況で時代遅れ感の出たアイテムをそれなりに着こなすことってかなりのハードルに思えます。

着づらい服を無理に着ようとするとバランスとるのに追加アイテムが必要になるんです。

大体どうにかすれば似合わせること・今っぽく見せることって出来るんですけど、手間と時間とお金をかけないとそれなりに見せられない衣類って普段から着るかと言ったら私は着ないです。

でもそのプロセスが楽しみであったりとか、そういうのが好きな方はじゃんじゃんアレンジ効かせて着まわすと良いと思います。

だからこそ古着やアンティークにも需要があるし、そのあたりはライフルタイルと嗜好次第なのですが、シンプルやミニマルが心地よくって面倒くさがりな属性の人には当てはまりづらい着方かもしれませんね。

服自体は綺麗だけど着づらい(着ない)から捨てる=勿体ない=必要以上に持つのをやめよう。

上で説明した通り、洋服自体はまだまだキレイでも活躍の出番を失ってしまう衣類は沢山あります。

ここであえて、いくら洋服自体が綺麗で、まだ着られるかもと思っても着づらい服や着ない服は手放すという行動をとります。

勿体ないけど捨てる!っていう経験をすると、もったいないから必要以上に持つのをやめように考えがシフトします。

勿体ないから取っておこう、だとその考えに至れないので、取っておけるだけ取っておく、とにかく埋蔵しておけば気が済むマインドが出来上がります。

キリがなくなっちゃうやつですね。

勿体ないからこそ捨てるんです、使わないこと・活かせないことこそ勿体ないんです。

捨てることが勿体ないんじゃないんです。

そうやって勿体ないから捨てるを経験すると、ちょっとだけ考えの方向性が変わります。

勿体ない、だから必要以上に持つのをやめよう。←いまココ

スポンサーリンク

短期集中で着倒せるボリューム感がちょうどいい。

10年間でおそらく上代(定価)で720万円くらい洋服を購入してきた私が到達した答えはこれです。

金額にびっくりしますよね、家の頭金か。

社販で買うので、自腹を切るのはおよそ半額くらいの360万円くらいです、たぶん360~400万円くらいでしょうね。

月に直して毎月3万円ずつ10年間お洋服につぎ込むとこのくらいの出費になります。

それにしても家の頭金かと思える金額だし、車なら買えますね。

お店の着用分だけでこの金額なので、プライベートの服飾費も併せるといくら使ったのかわかりません…。

短期集中で着倒せるボリューム感とは…4日間過ごせるくらいが目安です。

雨の日もあるので…洗濯物乾かないことも念頭に入れて、シーズンにつき4日間過ごせるくらい持ってれば結構平気です。

と、気づいてみました。

ミニマルシンプル化後のワードローブはこれ。

  1. 無印の半袖カットソー2枚
  2. GAPのガールフレンドチノパン1本
  3. 7分袖のカットソー1枚
  4. 涼感ワイドデニム1本
  5. 半袖リネンのブラウス1枚
  6. カーディガン1枚

5月から9月にかけては私たぶんこれしか着てません。

トップス4枚にボトム2枚にカーデ1枚でおしまいです。

たまにボトムが不慮の事故(息子による牛乳テロとか)に見舞われると若干ワードローブがショートします。

そして今は現役でアパレル販売パートタイマーなのですが、お店用の洋服はワイドデニム×ブラウス+カーデです。

お店着はプライベートでもがんがん着ます。

昔は同じ服着て人に会うの嫌だった派なんですけど、なんかもうそういう意識って要らないよねと、最近は思う次第です。

最低限洗濯できてればいいのではないかと…。

ちゅぴ子
ちゅぴ子

「同じ服を着るのが嫌」に関しては上のコミックがおすすめ。

フランス人は10着しか服を持たないは文庫本も結構目にしますが、コミックも出てるんです。

視覚的にサクサク読めて楽しかったです◎

ちなみに本ももう増やすの嫌で管理するの面倒くさくて、ついにキンドルデビューも果たしました。

これで本が増えない!!

しかしキンドルって目がちかちかしないし、充電ものすんごい持つんですね。

4日間くらいのワードローブだと洋服が「傷んだら買い替える」が容易になる。

このくらいで着用を回すと、傷んだから買い替えるという判断がしやすくなります。

先日一瞬GAPでパンツ買い足そうかと思いましたが、購入したところで絶対着るのが楽な現行アイテムGAPのガールフレンドチノのカーキを手に取る自分が目に見えすぎてやめました。

このチノ3年目で我ながらよくはいています。

私に必要なのは買い足しじゃないなあ、着るもの自体には困ってないなあ、と。

カットソーも素敵なシルエットのもの(白のカットソーフェチです)をウィンドウショッピング中に見つけたのですが、現行の半袖2枚と7分袖を差し置いて必要かと言うと要らないなという判断に至りました。

週2~3日衣類に囲まれて仕事をしていますが、上記の思考で洋服への物欲はSTOPしています。

GAPチノと無印カットソーにガタが来て買い替えの判断になるまでは、あんまり必要としないかもです。

そしてガンガン着倒して傷んでからお別れをする洋服には、「活躍させられなくてごめんね」ではなくて、「今まで活躍してくれてありがとう」と見送れる気がします。

思い切ってミニマルワードローブから外れたアイテムを断捨離する。

現在このプロセスに取り掛かっています。

自分が着るもの、着やすいものは把握できたので、そこから外れたものは手放していきます。

服自体にガタが来ていなくても、生活にマッチしなくなったものも捨て。

そしてこのあたりは一度に全部捨てなくても良しとしているので、その時思い切りがつく分ずつ処分しています。

このプロセスを行いながら、『自分が本当に着るために手に取るもの』を見極める目を養います。

あの時こういう理由でああいうの手放した、こういうのは着なかった、この経験値をストックするんです。

なんで着なかったのかを振り返りながら手放すのがコツと言えばコツのような気がします。

スポンサーリンク

着倒せず捨てることに罪悪感があるからミニマルシンプルに暮らしたい。

やっぱり活躍させることなく手放すことには少なからず罪悪感はあります。

私はそうです。

でも体は1つだし、時間も限られているから服のことであれこれ消耗するのも終わりにしたい。

なのでこれまでの洋服選びを反省しながら、なぜ着なかったのかを振り返って着ない洋服を手放したら、新しく購入するものはその経験を活かして選んでいきたいと思います。

きっと失敗してしまうお買い物もやっぱりあるかとは思いますが。

それでも何もせず服を買いあさって溜め込むだけの生活よりはだいぶんスッキリ過ごせると思うのです。

ジョブズのようにタートル+デニムまで振り抜けはしないけれど、自分のライフスタイルにちょうどいい数のワードローブの見極めはこれからどんどん精度をあげていきたいと思います。

ちゅぴ子
ちゅぴ子

洋服に消耗しない日々を過ごせるように整理していきます。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
いぬツインズ
いぬツインズ
関連ブログ探し行く?
スポンサーリンク
ゆるミニマル暮らし
ちゅぴをフォローする
スポンサーリンク
ちゅぴログ