しじみ

我が家の愛車ビッケポーラーはフロントに子どもを乗せるタイプの電動自転車です。

これっていつまで子供を前のせ出来るの?っていう疑問が自分の中にありますので、解決がてら記事にまとめます。

メリットも多いフロントチャイルドシート搭載モデルの子どものせ自転車。

私がフロントチャイルドシート搭載モデルから子ども乗せ自転車を選択した理由は以下です。

  • 自転車をこぐときに必要以上にガニ股にならずにこげる
  • 子どもの露出が少ない&クッション性が高い為に安全に思えた
  • 子どもの位置が低く抑えられる(乗せおろしの利便性)
  • 子どもの位置が低く抑えられる(乗車時の視界確保)
  • フロント部分に乗せることで運転中の安全確認が容易

上記の理由からフロントチャイルドシートルームのある子どものせ自転車に絞り、その中からはデザインの好みでビッケポーラーを選びました。

そして日々快適な自転車Lifeを送っているのですが、メリットも多いフロントの子どものせはいつまで使えるのか、気になったので調べてみました。

ビッケポーラーの取扱説明書をチェックしてみました。

ビッケポーラー子どものせ体重

出典:ブリヂストン公式

公式サイトによるフロントチャイルドシートに乗せられる子供の条件

  • 1歳~4歳
  • 身長100cmまで
  • 体重15kgまで

この三つの条件があげられています。

ビッケポーラーフロントチャイルドシートルームのサイズ感。

横幅の内寸は35cmくらい

フロントチャイルドシート内寸

ヘッドガードMAXまで上げた高さはおよそ45cm

フロントチャイルドシート縦の寸法

  • 座面のクッションから計測
  • 背当てはMAX高くしている状態
  • 可動域は14cmとのことなので、MINは45cm-14cmで31cm程度だと思われる

縦だと画像長い、スクロールめんどくさい、ごめんなさい。

子ども(1歳8か月:身長80cm体重11kg)を乗せた所感。

  • 身長80cmでヘルメットかぶるとヘッドガードの高さすれすれ(座高+ヘルメットで45cm超える)
  • 頭はヘッドカードから半分程度なら出てもいい

ヘッドガード

出典:ブリヂストン公式

頭の上半分は出てもいいということなので、やはり説明書通り身長100cm程度までなら前のせすることが出来るようです。

ヘッドガードから頭が出てると雨の日のレインカバーが窮屈問題。

上でまとめた通り、前乗せは4歳未満100cm15kgまでで間違いないのですが、そうはいかないのは雨の日問題です。

フロントチャイルドシートルームにつけるカバーによっては、頭に当たるので子どもが嫌がる場合も!場合も!っていうかうちの子。

なので、ビッケ純正のフロントチャイルドシートルームは身長80cmに到達した現在、乗車中は閉めることが出来ません。

閉めると嫌々期の逆鱗に触れてめちゃくちゃ怒ります。

身長100cmまで雨の日も前乗せしたいなら、レインカバー選びも重要。

実際に天候も選ばず快適に前のせ自転車に身長100cmまで乗せるには、フロントの子ども乗せ部分のレインカバー選びが重要だという結論に達しました。

ざっと探した感じでこの2つはヘッドガードの位置より高く上部を覆うデザインで、説明にも身長100センチまで対応と記載されていました。

子ども乗せ自転車の前のせいつまで問題まとめ。

  • 説明書通りの解釈でOK!
  • 荒天時にカバーをつけるのであれば、その選択が大切

実際に乗ってみて、このような結論に到達しました。

よい自転車&オプション選びの参考になれば幸いです。

自転車自体も実店舗へのこだわりがなければ、ネット購入の方がクッションやらなんやら付随するオプションのおまけが多い点がおすすめ。

しじみ
私は試乗したかったのでビックコジマで少々高く買いました!

ビッケポーラーのレビュー記事はこちら。

それではー!

おすすめの記事