医療保険、みんな加入しているっていうし、どうしようかなーなんて考えているうちに、妊娠がわかりました。

そして妊娠期間中は順調に過ぎたものの、いざ出産と言う時に、まさかの緊急帝王切開での出産をすることになります。

医療保険は未加入でしたので、社会保障である一時金や高額医療費の申請をして、分娩費用をお支払いしましたので、その内訳と、結局出産後に加入した医療保険についてまとめます。

入院&帝王切開手術にかかった費用は558,783円。

自費のうちわけ

  • 新生児管理料 70,000円(10,000円×7日間)
  • 室料差額 98,000円(個室:14,000円×7日間)
  • 授乳指導料 5,000円
  • 小児科検診料 10,000円
  • 新生児検査 4,000円
  • 産科医療保障制度 16,000円
  • 材料費 40,000円
  • 分娩介助料 205,000円
  • 腹膜外麻酔 20,000円
  • ピュアレーン 1,080円
  • 文書料 4,320円

自費合計 473,400円

自費部分、結構しますね!

帝王切開前にも麻酔1回入れていたり、入院自体も普通分娩より長引くという点では費用を押し上げています。

ものすごく長文の出産体験記はこちらです。

保険適用のうちわけ

  • 医学管理など 305点
  • 投薬 75点
  • 注射 695点
  • 処置 270点
  • 手術 23,475点
  • 麻酔 925点
  • 検査 1,186点
  • 入院料等 8,400点
  • 食事療養 8,602円

点数合計 35,331点

保険分負担金額 85,383円

点数は1点10円で計算し、端数調整をして、患者の一部負担金を決めるようです。

この場合は、353,310円になり、3割負担で105,993円です。

ここに食事療養は金額で入っているので、105,993円+8,602円=114,595円かと思いきや、実際の請求額は、85,383円です。

高額医療費で賄ってくれているんですね。

出産一時金の医療機関直接支払制度を利用

dd898e1897a9334c4163c981a98b08fa_m

42万円が、直接病院に支払われるので、窓口での現金精算は、138,783円でした。

クレジットカードなんかが使える産院なら、カードで支払って42万円を後から受け取ってもいいですね。

緊急帝王切開での分娩時、医療保険には未加入だった。

なので、当然、医療保険からの給付はなし!

でもそこまでものすごく負担になるような出費でもないので、医療保険に加入していない方も過度に心配することはないと思います。

個室だったりフルコースだったりでこの料金なので、スムーズなお産ならもう少し安く収まるかもしれませんし、産院によると思いますので、分娩予約の際には詳細を訪ねておくといいと思います。

でも正直産んでみないと必要な処置なんてわからないですよね。

ただ言えるのは、帝王切開なら高額医療費が適用されるのでそんなに気にしなくて大丈夫ですよ、という事です。

入院期間は一週間程度ですしね。

お金かかるのは長期入院です。

帝王切開でもう少し高額になるとしたら、月をまたいで入院したとかだとちょっと金額アップしちゃうかもしれません。

それこそ、もう産んでみないとわからない話になっちゃいますからそこまで気にしなくてもいいと思います。

私が帝王切開後に医療保険に加入することにした理由。

産後落ち着いたころに夫婦ともに医療保険への加入をしたのですが、それだったら産前から加入しておいて、帝王切開での保険給付も受ければベストだったのかも、というのが実際のところです。

産後医療保険に夫婦そろって加入した理由ですが、子どもが生まれてみたら『この子に将来迷惑はかけたくない』って気持ちが出てきてしまったんですね。

それなら数カ月の加入の差で、帝王切開も保険でまかなえたかもしれないのに、なんていうのは事後だからする話。

もともとおなかを切るだなんてさらさら思っていなかったので、なるべくしてなった結果が医療保険未加入の緊急帝王切開でした。

「まさか私が」と思うようなことが起こってしまったからこそ色々考えてしまうものなのかもしれないですね。

しじみ
そんなわけで今後の帝王切開への保障はあきらめつつ、すぐに動かせる貯蓄額を確認し、その上で何か大きな病気をしたら、子どもとの生活や学費に直結した影響が出ると考えたので、産後に夫婦そろって保険に加入しました。

帝王切開後に医療保険に加入すると、条件付きになります。

『ちゃんと応える医療保険EVER(医療保険[無解約返戻金])』の場合

特別条件特則

  • 特定疾病不担保 異常分娩・異常妊娠(帝王切開を含む。) 5年間

こういう条件が付きます、『とくていしっぺいふたんぽ』と読むようです。

妊娠、分娩に関して5年間は保険金をお支払い出来ませんよーっていうことですね。

帝王切開で出産しているとVBACでもしない限りは、次回のお産も帝王切開になりますが、アフラックのこの保険の場合は5年以上経過すれば、異常分娩、妊娠も医療保険適応になるということですね。

妊娠出産は何が起こるか分かりません。

もし今の段階で医療保険の加入を悩んでいるのであれば、妊娠出産前に一度しっかり検討するのがおすすめです。

絶対加入しない、大丈夫!っていうのであれば、無理して加入する必要はないのが医療保険です。

実際ある程度貯蓄がまとまっていれば、保険商品が不必要な家庭も多いと思います。

正直な話高額医療費保障でまかなえる部分も多いですし、加入するにあたって保険の内容をしっかり精査するのは手間です。

だけど私の様にウロウロと悩んだあげく、結局後から加入して何だか損した気分になってしまうこともあるので、加入しようかどうしようか悩んでいるのであれば、一度しっかり情報収集をした上でFPさんの無料相談を受けることをおすすめします。

もちろんFPさんも仕事なのでおすすめはされますが、『ゆっくり検討します』と伝えれば大丈夫です、そんなにゴリゴリ契約させられることはありませんので、複数のFPさんから提案を貰って比較検討してみてくださいね。

しじみ
保険商品の提案内容は担当FPさんによってまちまちなので、時間があれば複数のFPさんから提案を貰うことがおすすめです。

保険サービスの利用体験談は現在まとめている最中なので、今しばらくお待ちくださいね!

出産での入院中はこんな感じ!詳細をまとめています。

取扱数45社以上!私もただいま相談中の保険見直し本舗への相談予約はこちら。

こちらの記事の保険見直し本舗で相談した際のことをまとめてあります。

しじみ
そして保険見直し本舗では女性の担当者さんにお願いすることが出来て、帝王切開経験有りでも保障の厚い保険に見直すことが出来ました◎

帝王切開をした私でも!

  • 子宮外妊娠
  • 切迫早産
  • 切迫流産
  • 早産・流産
  • 妊娠悪阻(つわり)
  • 前置胎盤
  • 常位胎盤早期剥離
  • 妊娠中毒症
  • 羊水過多
  • 羊水過小
  • 過期産
  • 子宮内発育遅延
  • 子宮頚管無力症

こんな盛りだくさんな保障をつけてくれる保険を提案してくれました。

これは別記事で詳しく書きたいくらいうれしかったです。

これはもう迷わずサックリとアフラックのEVERからメットライフのフレキシィにお乗り換えしました。

帝王切開を経験してしまったら、妊娠出産関連の保障は諦めるしかないと思っていたので目からウロコです。

帝王切開経験者の妊娠・出産トラブルにも対応してくれる保険商品もあったんだなーと嬉しくなりました。

同じくらいの費用なら、保障が厚い方がいいしいざという時給付の対象に当てはまりやすい方がいいですもんね。

いつかは二人目も…なんて考えていたので、二人目の妊娠が分かる前に保険を見直せてよかったです。

そんなわけで保険見直し本舗で出会えた担当者さん、頼りにしています

この一件ですっかり保険見直し本舗推しな私です…。

でも担当してくれる人によって内容はマチマチなのが保険の見直し相談!

保険見直し本舗だからと言ってベストな結果になるとは言い切れませんが、個人的には良い担当者さんとのご縁に恵まれました。

相談はもちろん無料で行えますので、相談してみてはいかがでしょうか。
↓↓こちらのボタンから公式サイトへ飛べます↓↓

 

あえて一社すすめるとしたら保険見直し本舗ですが、保険選びは比較検討が大切です。

他の保険相談サービスも並行して利用してみることをおすすめします◎

しじみ
それでは最後までお読みいただきありがとうございました。
おすすめの記事