子育てアイテムの中でも抱っこひもと並んでマストなベビーカー。

私は自分自身がベビーカーに乗らずに育ったので、購入を躊躇したのですが、結果としてベビーカーは購入して良かったです!

そしてベビーカーは新作が出るペースが早い早い。

本当は購入したアップリカのラクーナビッテのレビューを書きたかったのですが、もう新型ベビーカーがわんさかリリースされています。

しじみ
なので2018年現在の新作のベビーカーを踏まえて、「後悔しないベビーカー選び」のポイントについてまとめつつ、ラクーナビッテのレビューも盛り込んでいきたいと思います。

ベビーカーのA型とB型の違いは何?どっちがおすすめなの問題。

しじみ
まずはざっくりとA型、B型のベビーカーをおさらいしておきます。

A型ベビーカー

  • 生後1か月くらいから使用できる
  • リクライニングが深い
  • 安定感がある
  • B型と比べると大きくて重たい傾向がある
  • B型と比べると高い

B型ベビーカー

  • 首や腰が据わった頃からなので生後半年以降からの使用
  • リクライニングはあまりしないものが多い
  • 軽量でコンパクトなものが多い
  • A型と比べると安い

それぞれのメリットがあるA型/B型ベビーカーの購入パターンは?

  1. A型とB型両方購入
  2. A型のみ購入
  3. 腰座りまでは抱っこひもで過ごしてB型のみ購入
しじみ

ベビーカーを購入するとしたら、ほぼこの3択のうちのどれかになります。

我が家は②のA型のみ購入にしました!

軽量A型ベビーカーを購入したら1台で済ませられた体験談。

私はA型ベビーカーであるアップリカのラクーナビッテを購入した訳なのですが、ベビーカーを購入する時にこだわったポイントが二つあります。

  • 軽量でコンパクトであること
  • 折り畳みが容易で安定すること

最悪の場合抱っこひも+ベビーカーを担いで動ける重さということで、軽ければ軽いほど良かったのですが5kg台の機種にしぼりました。

そして折り畳みは子どもを抱っこしながらでも行える畳みやすいもので探したのです。

その結果、2016年当時はアップリカのラクーナビッテとコンビのメチャカルが候補にあがりました。

しじみ
そして折り畳みの楽さ、畳んだ状態の安定感でアップリカに軍配が上がり、ラクーナビッテを購入しています。

事前調査やネットのレビューでコンビに気持ちが傾きまくって、コンビを見に行ったのにアップリカを選んでいました。

友人はこぞってエアバギー派が多かったのですが、我が家は玄関が狭いので畳んでも大きなベビーカーは圧迫感があることと、子どもを抱っこした時に片手で持つには10キロ越えは厳しいという理由で重量のある三輪ベビーカーは選択肢から除外しました。

しじみ
そして子どもを2歳まで育てた今、B型のベビーカーが欲しくなったことがない軽量A型という選択に後悔はありません!

A型軽量ベビーカーを実際に使ってみての感想!

  • リクライニングと日よけは結構月齢があがっても使う!
  • 前のバーは子どもが喜んで掴むのでバー有のタイプがおすすめ!
  • 月齢上がっても荷物減らない!下のカゴ必要!
  • 買い物かごどうしよう問題には直面してちょっとグレコ欲しくなったことがある!
  • 対面操作性が低下する為にほぼ使わなかった!

ラクーナビッテは対面切替できたのですが、背面に比べると各段に押しづらくなりますし、泣くときは対面だろうが背面だろうが泣くタイプの子だったので、ほとんど使いませんでした。

対面機能も最初のうちは数回使ったのですが、この機能はお蔵入りしました。

対面への切り替えがほとんどワンタッチだったりするところはとても良かったのですが、肝心の押しやすさがハンドルにかける力の向きがうまく車輪に反映されずに転がしにくいんです。

そして我が家のA型ベビーカーラクーナビッテで不便だったのはスーパーの買い物かごの問題です。

しじみ
ベビーカーと買い物かごは相性が悪くて、なかなか買い物がはかどらずほぼネットスーパーに頼る結果になりました。

アップリカのラクーナビッテのメリットレビュー!

我が家の愛車はラクーナビッテ。

一時ベビーカー乗車拒否時代もありましたが、その一時を除けば大活躍してくれています。

ちなみにベビーカー拒否だった8か月~1歳くらいの頃は折り畳みの三輪車を導入して乗り越えました。

しじみ
ベビーカー拒否期も三輪車ならなぜか喜んで乗ってくれました◎

三輪車も狭い玄関に対応する為折り畳み式です!

ラクーナビッテなら5.5kg!10kg越えの子どもを抱っこしながら片手で持てる。

腱鞘炎とか言ってた時期がありましたが、それでもベビーカーと子どもを一緒に担ぐ機会に遭遇するのが子育てです。

【産後の腱鞘炎】抱っこのし過ぎで手首が痛い!私が回復するまでの体験談。

子どもとベビーカーを担いで階段を使うこともあります。

あまりやりたくはないけど、その気になれば出来る重さが5kg台の魅力です。

しじみ
子ども12kg+ベビーカー5.5kg+荷物=20kgくらい抱えて階段をつかうこともあります。

地下鉄利用時にベビーカーだと身動きがとりづらいケースが想像以上に多い!

利用する可能性のあるエリアの駅のつくりや乗換のアクセスなど、今は検索すればすぐにある程度の情報を得ることが出来ます。

ベビーカー2台持ち予定のない1台で済ませたいご家庭は事前チェックをしておくことをおすすめします。

ラクーナビッテは折り畳みが簡単!本当に片手で出来る。

これは赤ちゃん本舗でコンビのメチャカルとアップリカのラクーナビッテを畳み比べたのですが、アップリカは片手で畳めます。

コンビはちょっとひっかかりがあるというかコツが要るように感じました。

大体ベビーカーを出先で畳むなんていう状況はあまり余裕がないだろうことは目に見えていたので、畳みやすさは重要でした。

子どもとベビーカー担ぐにしてもさすがにベビーカー畳まないと担げません。

なんでこんなにベビーカーを担ぐ話をするかと言うと、わが子が結構な抱っこちゃん癖だったからです。

ぐずりまくってベビーカーに乗ってくれない状態が想像に難くなさ過ぎて、担げるベビーカー選びました。

しじみ
そして飲食店などでは、ベビーカーを畳んでくださいというお願いをされることもかなり多いので畳みやすさは重要だと感じています。

マルチハンドルで手元の角度調節が想像以上に使いやすい!

最初はハンドルの角度が調節できると説明されてもピンときませんでしたが、実際に使ってみると手元のハンドル角度で押しやすさが違いました。

153cmの私と178cmの夫では好みの角度が違うのでそれぞれ使用時に角度を調整しています。

ワンタッチで角度を変えられて押しやすいです。

折り畳みが自立して安定性がある。

玄関先に立てておいたり、ベビーカーを畳んでくださいとお願いされる飲食店、電車の中など。

折りたたんだ状態に安定感があってきちんと自立することは大きなメリットでした。

そしてマイカーはコンパクトカーなのですが、トランクに積むことも出来ますし、座席の足元部分に積むことも出来ます。

車での帰省が多い我が家は車に楽に積み込むことが出来るサイズ感で大助かりでした。

しじみ
狭い玄関に置いても大丈夫なようにコンパクトなベビーカーを選んだのですが、車に積み込むときにも大切なポイントでした。

ラクーナビッテのデメリットレビュー!

スーパーの買い物かごとの相性は悪い。

ベビーカー押しながらスーパーのカゴを持つのは本当に買い物しづらいです。

下の荷物置きスペースにスーパーのカゴを積むことが出来ればいいのに!

ベルトは取り外して洗えない。

乗車中に牛乳を派手にこぼされるアクシデントがあったので、取れる部分は全外しして洗いました。

その時にクッションやカバー部分はほぼ取り外しが可能なのですが、ベルトは縫い付けの為に取り外すことが出来ませんでした。

ベビー用品は汚れるからベルトも外して洗えるようにしてほしいです。

洗濯の為に取り外したパーツやカバーを戻すのが難解。

ほんと難しかったです、どこのボタンがどこに留まるのかとか。

なんか面倒くさくなったので、なんとなく最低限だけ留めて使っているという雑な状態です…。

しじみ
取り外しやお洗濯が容易で、清潔に保ちやすいベビーカーを望みます!

2018年にベビーカー買うなら選択肢に入れたいのはこの二つ。

 

しじみ
コンビのメチャカーゴは買い物かごが積める軽量ベビーカーです。
重さも5.7kgなので担げる!
しじみ
グレコのシティエースもカゴの積み込みが可能です。
5.2kgと重さも優秀。

今新しくベビーカーを探すとしたら、きっとこの2機種を候補に挙げて検討すると思います。

そして実際に折りたたんでみたり、押してみたりの操作性を確認して選びます。

ラクーナビッテの操作性は良くて、取り回しが楽で軽い力で押せる点が魅力でした。

この二機種に至っては、実際に触ったことがないので完全にスペックだけで候補としてあげましたが、ベビーカーは実際触れてみて操作性の相性を確かめることも重要だと思います。

しじみ
そんな訳で、私が今年ベビーカーを選ぶならこの二機種とラクーナビッテの三機種の中から実際に押してみたり畳んでみたりした操作性の相性で選びます!

ベビーカー選びのまとめ。

  • 動線を考慮してベビーカーの重さから絞り込む!
  • 畳みやすさは重要!
  • スーパーをよく利用するならカゴとの相性をチェック!
  • 車に積んだり玄関先に置くことも考慮する!

せっかく買うなら活躍させたいですよね。

抱っこひもは難民でしたが、ベビーカーは1つで済ませることが出来ました。

ラクーナビッテはアカチャンホンポのみの取り扱いになります。
詳細は以下画からご覧いただけます。

しじみ

それぞれのライフスタイルや用途がありますので、使いやすいベビーカーも様々かと思います。

読んでくださったあなたが満足のいくベビーカーに出会えますように!

ベビーカーと並んで子育てのマストアイテム!私の愛用している抱っこひものおすすめについての記事はこちら。

エルゴベビーは公式サイトなら安心の本物をセール価格でお得に入手できることも!!

エルゴベビーに関しては、偽物や偽造品も多く出回っているとのことで、公式サイトでも注意喚起がなされています。

エルゴベビーの購入時には、公式サイトを参考にしていただくことをお勧めします。

しじみ

上記リンク先に正規取扱店の記載があります。

楽天やAmazon、ヤフーショッピングなどでご購入される際には、販売元を確認してみてください!

 

もしくはエルゴベビー公式サイトからリンクがされているダッドウェイでの購入をおすすめします。

エルゴベビー正規取扱店ダッドウェイオンラインショップ

ダッドウェイでの購入はメリットが多いです。

  • 新規会員登録で500ポイントプレゼント
  • 5000円以上送料無料
  • 最短翌日お届け
  • 正規取扱店な上にセール品の取り扱いがありとってもお得!
  • 5%ポイント還元

エルゴのオリジナルが10,800円など格安で販売されていることもあるので、セールページもチェックしてみることをお勧めします!

公式サイトのセール品なんて安いし信頼できるしメリットしかないので、2本目でやっぱりエルゴが欲しい、なんて時には特に嬉しいですよね。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事