我が家のワンコズ、2匹居るのですが、1匹がトイレがものすごく下手です。

絶対はみ出ます…!

小型犬のくせにワイドのトイレトレーを使用したあげく、それでもはみ出るおしっこ。

トイレ下手すぎ!

女の子と男の子1匹ずつ飼っているのですが、トイレを外すのは男の子の方です。

周りの方に聞いても、どちらかと言えば男の子のトイトレに苦戦している傾向があるようなないような。

たぶんワンコあるあるなんですよね。

オスのワンコは座りションでも足上げションでもトイレをはみ出る。

よっぽど自分のおしっこの飛距離や角度を熟知して弁えているワンコ以外、

はみ出るのでは…?

というのが実際に犬を室内飼いしての体感です。

女の子は座りションで、おしっこの出る角度が割と下向きなんですね。

なので座った位置に素直に排泄することが出来ます。

でも男の子の場合は、わんこのチンはお腹についているので、結構飛距離が出ます…泣

強いて言えば、座りションしても前足が危うい位置におしっこは飛びます。

なのでトイレトレーにすわりションで納める場合、前足がゆとりをもってトレー内に収まっている状態で初めて成功です。

で、犬的にも座りションは前足おしっこで汚れるリスクがあるからあまりしたがらないような気がします。

足を汚すことが嫌という本能的な部分で足上げションになるのではないかと個人的に解釈しています。

犬と会話とか出来ないので、そのあたり実際のところは分かりませんが、

犬なりに試行錯誤した結果が足上げションなのだと思っています。

しじみ
ちなみに胴体が長いダックスの男の子でトイレトレーにおさめておしっこできる子はトイレの天才だと思っています。

犬のおしっこがはみ出さないトイレトレーは囲い付き!

 

我が家はこのアイリスオーヤマのトレーニングトイレトレーを長らく使用していました。

置き方がポイントなのですが、縁を跨がないと中にはいれないように設置します。

老犬やパピーだとキツイかもしれませんが、ぴょんと中に入って用を足すようになりました。

我が家は多頭飼いの為に、トイレトレーはワイドを使用です。

まあまあぼちぼち、たまに壁なしの方に向かっておしっこされて漏れてる時以外は割と平和にこのトイレトレーを使用していました。

でも!!

先日出かけたときにホームセンターで見かけたねこ用のトイレが、なんかものすごくいい感じの形状なのです。

大きめのわんこには難しいかもしれませんが、ねこにもあり得る3~4kgくらいの我が家のわんこ。

ねこ用トイレを使ってみました。

ねこ用のトイレは、猫砂がこぼれないようにフチが高いものが売っているのです。

え、なにこれ…ちょうどいい。

猫砂を入れずに使うと、ちょうど犬のメッシュスノコタイプのトイレトレーのように使えます。

そしてトイレシーツは引き出し式で取り換え可能。

我が家はワイドのトイレトレーを使用していた名残で、ワイドシーツを無理やり使っていますが、

レギュラーシーツでOKなサイズ感です。

3.5kgの小型犬が足上げしっこしても、どこからも漏れません!!!

しかもAmazonだとこのトイレ、1600円くらいで激安。

ワイドでも壁によせないとトイレ成功できなかったうちの子が、このトイレトレーなら壁なし単体置きでトイレ完璧になりました。

ワイドサイズじゃなくなった分、

トイレトレーの圧迫感が減ったおかげでワンコスペースもすっきりするし、

案外消耗品のトイレシーツもワイドよりレギュラーの方が安いので、本当にうれしいトイレトレーです。

ねこ用だけど、いぬにも最高◎

犬のトイレはスノコ付きのタイプなら足が汚れず快適に使える。

そして犬のトイレですが、もう絶対にいたずら防止のメッシュは必要!!だと思っています。

跳ね返りもしづらくなりますので、犬の足がおしっこで汚れにくくなるんですよね。

ワンコのトイレトレーはスノコメッシュがあるタイプがおすすめです。

トイレ周りにはフェンスを設置するのもおすすめです。

そして周囲には壁を保護する為にパーテーションのようなサークルパーツを配置しています。

このペットフェンスですね。

何を思ったか、一度石膏ボードが削れるほど壁に穴を掘られたので、その一件以降はフェンスで壁をガードしてます。

削れた部分にはリフォーム会社に頼んでエコカラットを腰壁風に施工して隠しました…。

範囲にもよりますが、腰壁風にリビングの壁2面を施工して、10万~15万程度です。

エコカラットのグラナスハルトを貼っています。

DIY好きな人は壁の穴くらいご自身でどうにかなさるのでしょうか。

でも穴はあかないに越したことはないですし、壁も汚れづらくなるのでペットフェンスでの壁の保護はおすすめです◎

犬を飼うっていろんなことが起こります。

犬を飼うって不測の出費の発生もあります。

  • 病気怪我で動物病院にかかるとき
  • 物や人に危害を加えてしまった

この二つはペットと暮らす以上発生しうることですので、注意や準備が必要です。

危害を加えた対象が家の壁で本当に良かったーーー

おしっこへたっぴな室内犬は壁付タイプのトイレトレーを使ってみて。

小型犬ならにゃんとも清潔トイレをおすすめします!

わんこのトイレ掃除のストレス激減しますよー!

でも新しいトイレトレーって慣れる間ではかなり大変です。

我が家もトイレトレー変更してから3日~4日は付きっ切りでトイレを教え直しました。

失敗されまくって涙目。

キッチンペーパー新品1ロール消費してしまうくらい、粗相されました。

でもにゃんとも清潔トイレをきちんとトイレとして認識してくれた後は、トイレ掃除のストレスがものすごく減りまして、メリットしかありません。

あの3日間を耐えて本当に良かった。

お値段も1600円程度で購入出来て、おさいふに優しいにゃんとも清潔トイレ、おすすめです!

わんこのトイレでお悩みでしたら試してみてくださいね。

おすすめの記事