妊娠出産育児はイレギュラーの連続で、なかなか思うように働くことが難しくなります。

せっかく保育園に入所できても失業や就労不足を理由に利用継続が困難になることも考えられます。

っていうか私の体験談ですね!

そんな紆余曲折もありましたが、現在は個人事業主としての在宅ワークとアパレル販売でのパート勤務という二足のわらじで落ち着きそうで、やっと母親業と並行して仕事をして、やりがいや収入を得ていく目処が立ちました。

しじみ
ゆくゆくはこれでフルタイム並の収入を得ようなんて思い描いていますが、何年かかるかなぁ。

子育て中だからこそ在宅ワークはおすすめ。

今はクラウドワークスやココナラなどで、パソコンがあってタイピングが出来れば仕事を受注出来るお仕事斡旋の仕組みも沢山あります。

PowerPointでの資料作成や、Excelでの集計作業、記事の執筆やイラストを描いたり等々、多岐にわたるお仕事があります。

じっくり見てみると自分のスキルでお金にかえられるものを見つけることが出来るかもしれません。

在宅ワーク単体で生計を立てる!!となるとそれ相応にハードルはググッと上がりますが、まずは5000円!1万円!とリスクなく少額ずつ目標をもって取り組みやすい働き方でもあります。

仕入や設備投資等が無いので、失うものは時間と電気代や通信費くらいでしょうか。

開業の中でも初期投資が断然少額なものはリスクも少なく参入しやすいのです。

しじみ
私もまだまだ個人事業は月々1万円ほど…、軌道に乗ったとはいいがたい状況ですが、それでもスタートして1000円、3000円と収入は右肩上がりだと思えばやる気が出ます!

在宅ワークで保育園の利用申請も出来ます。

働いていたパートの仕事がなくなることが決まり、次を探さなくては!という状態が昨年発生したのですが、その時に私は個人事業主として開業届を出し、自営業になるという選択をしました。

自営業として仕事をすることで、保育園継続の問題はクリア出来ます!

しじみ
ただ自営業だけで保育料をペイするのは私にはまだまだハードルが高いです…

開業届の控えで保育園の利用申請をすることが出来るよ!

個人事業を始めるにあたって開業届を税務署に提出すると、はんこを押して控えをくれます。

開業届の控えを受け取ったら保育園提出用にコピーをしておきます。

そして自治体の定めるフォーマットに必要事項を記入をし、開業届の控えのコピーと共に保育園に提出をすればOKなので就労証明書を貰うより簡単でした。

自営業なら子どもや家庭の都合に合わせて就労時間のコントロールが出来る。

しじみ
収入は自分次第!な代わりに、就労時間のコントロールも自分次第です。

軌道に乗るまでは地を這うような収入で、時給換算すると泣けてきますがそれでも子育て中に働きやすいことはとてもメリットが大きいです。

在宅ワークとパート勤務を組み合わせることで安定感と収入UP!

在宅ワークだけでガシガシ稼ぐ!!というやり手なママも沢山いらっしゃることかと思いますが、私の場合まだまだそこに至るまでの道のりは遠く…。

なので在宅ワークとパート勤務を組み合わせることにしました。

仕事探しでは個人事業がある、という安心感があるからこそ就労の切っ掛けを得られたのだと思います。

個人事業と組み合わせるなら短時間パートがおすすめ。

保育園の利用条件は様々ですが、私の住んでいる自治体では月64時間以上の就労が必要です。

シフト制やパート・アルバイトだと就労時間のボーダーラインを満たせるか不安。

かといってフルタイム勤務の正社員や契約社員・派遣社員は採用される自信もないし、家庭の事情で休みを貰う事にも気が引ける。

これが正直な気持ちでした。

でも個人事業主という選択をしたことで、パートなどの短時間就労に狙いを定めて仕事を探すことが出来ました。

パートに入れるときはパートでがっちり稼ぎ、シフトが削られたときには自営業に専念することが出来るからです。

シフトが削られることがあっても個人事業がありますし、個人事業が軌道に乗っていなくてもパート収入があります。

二つ仕事を持つことでリスクを分散させることが出来たのは、大きな安心につながりました。

そりゃあせっかく働くのでたくさん稼ぎたいですが、家庭のこと、子どものこと、自分自身の体調のこと。

無理をして結果的にいろいろ高くついてしまう事も考えられるので、そのバランスの見極めにとても気を揉みましたし頭を悩ませました。

そんな中で個人事業とパートでそれぞれにない部分を補い合えるようにバランスをとっていくという可能性を自分の中に持つことが出来たのは、とても大きなことでした。

パート勤務だと「出勤可能な日」を提出してシフトを組んでもらえる。

私のパート先では、出勤可能日を提出してその中からお店の都合で出勤日が決まります。

なので事前に分かっている休みたい日に関しての対応はばっちりです。

しじみ
そしてそこに加えて子どもの体調などでの急なお休みに関しては、応募時・面接時とお互いの状況をすり合わせた上での採用を頂けたことで、ハラハラせずにお仕事をすることが出来ています。

子育てママに在宅ワーク×パートがおすすめな理由まとめ。

  • 仕事と子育てのバランスがとりやすくなる!
  • 収入源を分散させることでリスクを減らし仕事探しのハードルを下げる
  • 在宅ワークの個人事業なら就労時間の調節がしやすい

今はパートで5万+個人事業で1万だけど、パートの合間をぬって個人事業を育てて5万+5万の10万を目指しています。

両方ともコツコツ頑張って子育てとのいいバランスを築いていきたいです。

子育てや家庭のこと・個人事業のこと・パートのこと、色々な経験に触れられて楽しいです。

すぐに思い詰めてしまうタイプの私は、自分の役割が切り替わることで気持ちをリセット出来るようで、家庭での私、個人事業主の私、パートしてる私、とコロコロ変わることで悩みがリセットされるというメリットもありました。

朝から食事をひっくり返されてもパートに出たら覚えることいっぱいで、とっ散らかった牛乳のことなんてケロンと忘れることが出来ます!

出来ればひっくり返してほしくないですけどね。

そして個人事業主としてのスタートを切ったことで、やりたいことや勉強したいこともぼんやり思い浮かんできました。

選択肢を広げてみるといろいろな変化がありますね。

それぞれが自分に合った働き方や子育てのスタイルで充実した毎日を送れますようにお祈りいたします!

それでは本日もお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事