スポンサーリンク

【新生児0歳児~1歳児までの子育て】1人目育児をしてみてこうすれば良かったと思うこと。

子育てお役立ち情報

育児向いてないよー、子育て向いてないよとこぼしながらも私の育児キャリアは2年を迎えようとしています。

ほんと0歳~1歳までとか、産後うつと体調不良の記事ばっかりです!

でもそんな子育て苦手系の私でも、沢山の人に支えられながら子育てに奮闘することが出来てなんとか子どもが2歳を迎えます。

そして2歳まで育てるという経験をしてみた今だから思えた「もっとこうしておけばよかったー!」をまとめたいと思います。

私こんなに子育て向いてないって思うのに、それでもやっぱり二人目が欲しいんです。

なので二人目とご縁があった時に、見返せるように…っていう理由もあります。

スポンサーリンク

母乳の分泌が軌道に乗ったら授乳間隔や時間を積極的にコントロールすればよかった。

1回1時間弱かかる授乳を1日10回くらいしてた私。

子供は吸啜強めで体力のある男の子なので、うとうとしながらも長時間飲み続けるタイプの子でした。

授乳がどれほど消耗するかを後々振り返ってみても、正気かなと疑うような授乳スタイルです。

そして実際にその頻回かつ長時間の授乳は長いこと私を苦しめました。

【授乳の疲れはどれくらい?】母乳育児で消耗!たんぱく質&鉄分不足は体調不良や産後うつにもつながる
子どもは2歳になりますが、まだまだ授乳中な現在。保育園に通うようになったことを切っ掛けに終日授乳の疲労からは抜け出せていたのですが、年末年始や連休などの保育園がお休みの日、家にいると授乳回数が増える増える!そして改めて授乳頻度と疲労消耗度合
過多気味で痛すぎる母乳育児中の悩みと実際にしたケアのまとめ。
授乳って穏やかで幸せそうなイメージだったのに、実際には想像をはるかに上回る困難さ。 ちゅぴ子 授乳の度に痛みで涙を流し、噛まれては叫び、なんて大げさだと思いますよね。 その周囲の認識とのギャップがまたつらいんで...
トラブルだらけの母乳育児に苦戦中です!
母乳育児がこんなに痛いなんて、実際にやってみるまでは全然知りませんでした。 痛すぎて涙したことも数えきれないくらいあります。 そして飲ませるママも下手、おっぱいを吸う赤ちゃんも下手なので、幾度となく授乳トラブルに見舞われています...
【生後8か月の母乳育児にノイローゼ気味】授乳に疲れたけど、ミルクは拒否だし、離乳食も進みが悪い。
産後、頻回授乳で眠れない、一人になれない、やすめない。 うちの息子は母乳しか受け付けないので、離れる時間がほとんど作れずにここまで育児をしてきました。 哺乳瓶も受け付けないので、搾乳した母乳も飲むことが出来ないし、そもそも詰まり...

これだけ頻回&長時間の授乳が習慣になっていたからか、母乳の出だけは良かったのですが、母乳の量が軌道に乗ってからは積極的に授乳の間隔をコントロールすればよかったのではないかと思っています。

ちゅぴ子
ちゅぴ子

1日に合計で8時間近くおっぱいを吸われる生活だったからか、片乳で200mlは出たので、なんかもう栄養全部母乳に変わっちゃってヘロヘロでした。

自分が乳牛みたいな、なんかもう動物に思えるくらい一日中それだけの生活は心身ともにキツイです。

とにかくおっぱいをあげなさいという母乳育児指導をまじめに受け止めておっぱい一辺倒な育児するとこうなるケースもありますよという事例です。

きっと私は極端な方だとは思います、白と黒しか持ってないよね、グレーないよね、と言われるタイプなので…。

  • 母乳の分泌が安定したら直母だけでなく搾乳+哺乳瓶も取り入れる
  • 泣くたびにおっぱいあげてると疲弊するから間隔や授乳時間のコントロールは必要
ちゅぴ子
ちゅぴ子

授乳間隔や授乳時間のコントロールにはアプリでの記録がおすすめです。

ぴよログが使いやすかった。

全力でお勧めしたい育児アプリは共有が便利な「ぴよログ」!発熱しすぎる息子は周期性発熱症候群の疑いが出てきたので体温の記録を始めました。
少し記事の更新が滞ってしまったのですが、相変わらずの息子の発熱だったりとか、夫の連休がとれたりだったりとかで、家族の時間をどっぷり過ごしていました! 夫は年に1度の1週間程度のまとまった休暇を頂けたのですが、今回は看護休暇に充てるよう...
スポンサーリンク

好みが出る前に離乳食をサクサクすすめておいても良かったかも。

これはまた母乳育児で泥沼化してた部分に影響を受けているのですが、母乳のつまりが恐ろしすぎて、おっぱいが痛すぎて、離乳食のスタートがものすごく遅かったのです。

始めたのが8か月を過ぎたくらいからだったでしょうか。

そうすると色々進める前にもう本人の好みが明確になってきてしまって、受け入れない食材の多いこと多いこと…。

2歳になる現在もひどいものです。

ちゅぴ子
ちゅぴ子

本人の好みがはっきりしすぎる前に離乳食を進めておけばもう少し違ったのではないか、と思わずにはいられません。

スポンサーリンク

頻回なおむつ替えでもかぶれを起こさない為のコツ。

新生児期や低月齢、0か月から3か月目くらいまでが特に、でしょうか。

おむつ替えの回数がすごく多いはずです、そしてゆるゆるうんちも多く、頻回なおむつ替えは赤ちゃんのおしりにも負担がかかります。

おしりふきはグーンが生地もしっかりしていてうるおいもたっぷりでおすすめなのですが、それでもおむつかぶれなどのトラブルに繋がってしまう事もあります。

そんな時にはこのやさしいおしりふきの方法がおすすめです。

霧吹きウォーマー要らずの簡単あったかおしり拭きがおすすめ!おむつかぶれにも優しい
我が家では一か月検診の時に赤ちゃんのおしりがおむつかぶれを起こしてしまいました。その時小児科医の先生に受けた指導は『おしりふきの使用禁止』というもの。排泄のたびに浴室に連れて行っておしりをきれいにする方がいいんだろうけど、乳児の排泄はとにか

おしりふきをぬるま湯でびちゃびちゃにひたして拭いてあげることで、洗い流すようにおしりをキレイにできます。

これは第二子でも是非やりたい育児ノウハウです。

ちなみにおしりふきのフタは絶対ワンタッチでパカッで開くやつの方が使い勝手がいいです。
そんなこと!?って思える小さなことなのですが、回数が回数なので小さなストレス減ります。

スポンサーリンク

ベビーモニター&SIDS対策センサーはケチらずに買えばよかった!

わが家はベビーモニターやセンサー使わずに第一子の育児をしています。

ちゅぴ子
ちゅぴ子

でも次に子育てをするなら、ベビーモニター&乳幼児突然死症候群対策のセンサーを導入しようと思います。

むしろ今からでもモニターは買おうかな、と思う事も多々。

悩んでいるならタイミングを損ねる前に購入するといいと思います。

と言うのも、別室で寝かせることが不安で心配で、ずっと傍らに寝かせておくタイプだったのですが、「寝るときの環境」はとても大事だと実際に子育てをしてみて実感したからです。

子供から目を離すことを過剰に不安に思う別離不安を母親の私が抱えていたので、その点をクリアにするためにも必要なアイテムだったかなと感じる結果になりました。

そして我が家はリビングに犬がいるのですが、リビングで寝かせていると目も届きやすいかわりに来客によって犬が吠えて起きてしまうということもしばしば起こり、その点も子どもの生活リズムを作る上で課題になっていたので、この課題を解消できるメリットもあったと思います。

今現在はお昼寝も夜の睡眠も2階の寝室です。

この「寝室で眠ること」を始めてから、子どもは各段に眠ること自体が上手になりました。

【夜間断乳体験談】終わりの見えない夜泣きが辛い!何度も目を覚ます1歳半のおっぱいマン(息子)についにしびれを切らせた私の言動。
最後に平和な夜を過ごしたのはいつだったでしょう。 出産後の入院中に産院で子供を預かってもらって眠った時が、最後の安息の睡眠時間だった気がします。 私の母乳過多に付き合った母乳育児の結果、超絶おっぱい党に育った息子は、頻回授乳を長...

断乳が切っ掛けで睡眠が上手になったこともありますが、眠る環境に身を置くことでスムーズな入眠に繋がることが分かったのです。

ちゅぴ子
ちゅぴ子

よく育児本で絵本を読むことを入眠儀式に…なんて内容を見かけますが、「この部屋はネンネの部屋!」っていうのも立派な入眠儀式になります。

あと単純に遮光カーテンで暗めの部屋に出来るっていうのも重要かもしれません。

1歳半の断乳以来、1時間~2時間起きの夜泣きも寝ぐずりも一切なくなったことにはびっくりしました。

これを切っ掛けに体調がグンと回復したので、本当もうちょっと早くお互いが離れてしっかり休む時間を作るトレーニングすればよかったと思っています。

今からでも購入しようかなと思ってベビーモニター選んいるのですが、双方向のスピーカー機能は月齢があがっても活用できるし、やっぱり導入の方向で検討したいです。

そして低月齢、特に1歳までの間に私がものすごく不安に感じていたものは、SIDS(乳幼児突然死症候群)でした。
気にしすぎて自分自身が眠れないほど。
やっと余裕が出てきた今、色々調べてみると、見守りの補助として使えるセンサーもあったので、もちろん自分自身で見ることは大前提なのですが、ベビーモニターやこういった赤ちゃんの動きを検知するセンサーを活用しても良かったなと思っています。

二人目の時は絶対買いたい!

ちゅぴ子
ちゅぴ子

これはクリップ型になっていて、オムツに取り付けて赤ちゃんの動きがあるかどうかを検知して音で知らせてくれるセンサーです。

産婦人科では赤ちゃんの下にセンサーのパネル?を置いていて、動きが検知できないとブザーで知らせてくれる装置を使っていました。

出産後すぐは、切り忘れて抱き上げるとピーピー言うセンサーに「何のため?」という状態でしたが、SIDSを知り、その予防の為に使っていたことを知るととても重要なツールだったのだなと理解できました。

スポンサーリンク

ベビーサークルで囲むべきは子供じゃなくて家具家電。

我が家はベビーサークル2つ買いました!

でも1つはお蔵入りしてます、子どもが入って遊んでいてくれる時間が短すぎてあまり使えず。

ちゅぴ子
ちゅぴ子

結果的にはベビーサークルは触ってほしくないものを囲む方が断然楽でした。

これでTV周りやマキタの掃除機などをガードしています。

こういう製品はカラーをナチュラルにするのが個人的にはポイントです、塗装されてるとおもちゃの摩擦やかみかみ攻撃で塗装が剥げて汚くなることがあるからです。

こっちが残念お蔵入りのベビーサークルです。
このタイプは家具家電を囲むのに使いまわせない点がデメリット。

サークル自体は素敵なのですが、用途が限られてしまうことや大人しくサークル内で遊ぶタイプの子どもではなかった為にいまいち活躍させることが出来ませんでした。

ボールプールなどの用途で使うにはとてもいいと思うのですが…。

スポンサーリンク

新生児期の沐浴から始まり乳幼児期までお風呂のコツは月齢で変わる!

お風呂に関してはおっかなびっくりやりすぎていた感があります。

確かに赤ちゃんはか弱い存在ではありますが、ちょっと色々気にしすぎ、過剰だったかもなんていうのは今だからこそ思います。

新生児の沐浴が苦手!ひとりで赤ちゃんをお風呂に入れる方法
新生児の赤ちゃんの沐浴って想像以上に大変。ぐにゃぐにゃしてるしモロー反射するし泣き出すし、実際沐浴させてみて新生児の赤ちゃんの沐浴の難しさに直面しました。この記事では、助産師さんに教わった沐浴のやりかたを元に、ワンオペ育児でひとりで赤ちゃん
子どもがシャンプー&洗顔を嫌がる!シャワー嫌いを克服する簡単な方法と体験談。
ちゅぴ子 ねんねの姿勢で大人しく洗わせてくれる状態を卒業する頃出てくるのが、子どもがシャワーを嫌がる問題です。 洗顔や洗髪などの時、子どもを頭からシャワーでジャーっと流せたらとっても楽ですよねー! 私は夫から「頭から...

お風呂に関しては本当に経験値がモロに出るなーと言ったところ。

ちゅぴ子
ちゅぴ子

子供をお風呂に入れる側のスキルアップや試行錯誤は避けて通れない道だろうなと身をもって知りました。

そしてお風呂ではボトル類のいたずら防止に、シャワーラックが活躍しています。
シャワーをひっかけるところに、この大木のシャワーラックをひっかけてシャンプーなどを置いておくのですが、子供の手の届く高さではないので安心です。
ボトルの水切れも良くてぬめりにくいし省スペースだしいいこと尽くしでした◎

これ使ってます、浴室狭いので本当助かる…。

子供と二人ではいると狭い洗い場がギュウギュウなので、洗い場エリアに床置きするタイプとかは避けたくて導入したのですが、いたずら防止にもなるのでいいお買い物でした。

スポンサーリンク

子育てしてみて思ったこうすれば良かった!まとめ。

NHKのすくすく子育てもたくさん見たし、ひよこクラブも毎号読んでました。

でもやっぱりやるのと見るのは大違い!!

毎日が試行錯誤の連続だし、通りすぎてからああすればよかったって思ったことだらけです。

子供の数だけ子育てのノウハウもハウツーもあるから、その子とその保育者にしかわかり得ないことばっかりなんですよね。

でも悩んだことも後悔したことも、確実に自分の経験値としてストックされてるから、次似たようなシチュエーションに立たされた時には過去に自分が乗り切ってきた経験が役にたちます。

なので自分のしてきた経験はそれを活かせる機会まで大切にあたためて持っておきたいと思いました。

ミニマル志向だけど、経験値は場所取らずにためていけるので、どんどん溜め込んでいきたいと思います。

と、昨日帰省のタイムスケジュールをしくじって子どもを小一時間ギャン泣き輸送して帰ってきた私がまとめてみました。

車で寝かしつけてしまう段取りが崩れ、帰りの道中息子泣きすぎて興奮して眠れなかったことで朝寝坊に繋がり、朝の支度にまで失敗を引きずって反省しきりです…。

そんなことがあったので、その苦い思い出をどうにかこうにか経験値として前向きな形で自分の中にストックしようと必死な訳です。

あああああー、もーう、うまくいかないねー!

ちゅぴ子
ちゅぴ子

毎日の育児お疲れ様です、そして最後までお読みいただきありがとうございました!

にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
いぬツインズ
いぬツインズ
関連ブログ探し行く?
スポンサーリンク
子育てお役立ち情報
ちゅぴをフォローする
スポンサーリンク
ちゅぴログ