ここ数年頼りにしているグリセリン保湿。

このブログでも記事にしています。

しじみ
合う合わないは個人差もあるかと思いますが、私には必要だったようです。

グリセリンの買い置きがなくなって代替え品で保湿してたらたちまち肌荒れ!

先日買い置きのグリセリンを切らせてしまったのです。

なのでとりあえずの間に合わせとして、手持ちのオイルやジェル、クリームなどあるもので保湿をしていました。

すると一週間経たずに肌に異変を感じたのです。

アトピーを抑えてくれていたのはグリセリンだったらしい。

オイルやジェル、クリームをいくら塗っても段々と肌がピキピキ突っ張る不快な感覚を覚えて、痒みが出て来てしまいました。。。

ここでドラッグストアに買いに走ればいいものを、もうすぐ楽天で頼んだまとめ買いが届くはずだしと騙し騙し過ごしていたら、ブツブツザラザラ、所々に湿疹発生!

久しぶりにアトピー症状がしっかり出た自分の皮膚見ました!!

しじみ
このプツプツザラザラを掻き壊すともう痒みの無限ループに突入です。

しかし本当にかゆい。。。

グリセリン保湿再開します。

そんな折りに待望のグリセリンが届きました。

早速保湿再開です。

これからはグリセリン切らさないようにしないといけないと反省した出来事でした。

具体的にはスネ、ふともも、二の腕が残念なことになってます。

しじみ
私は脚の皮膚が特に乾燥の影響を受けやすいので、弱い部分にしっかりと症状が出ているような状態でした。

グリセリン保湿再開3日目で湿疹の赤みがひいた。

湿疹や赤み、皮膚のつっぱり感などの症状があらわれていて、久しぶりだったこともあり皮膚科受診も頭を過りました。

でも結果的にはグリセリン保湿を再開したことで、皮膚の様子は快方に向かいました。

ここ数年アトピーは治ったんだと思っていたけれど、基本的な肌質はかわらないんですね。

  • 正) 落ち着いた
  • 誤) 治った

こう言うことだったようで、肌に合う保湿で乾燥を防いでバリア機能を保っていなければ、たちどころに肌荒れしてしまうようです。

アトピー性皮膚炎は本当しつこいですね!

皮膚は乾燥すると敏感になるから保湿は大切!

そんな訳で、アトピーの症状を抑えるためには保湿が重要なのですが、何もグリセリン保湿でなくてもお肌に合えばOKだと思います。

とにかく乾燥が大敵であることは確か過ぎるほど確かです。

何も塗らなくても潤う肌が理想ではありますが、乾燥やアトピーも個性だと思って付き合っていかないと現実はなかなかカサカサな訳です。

今まで試して良かった保湿剤もいくつかご紹介しておきますね!

ボディショップのシアバターはしっかり潤うので、香りが欲しかった20代前半ごろにはかなりリピートして愛用していました。

ハンドクリームとしてもボディクリームとしても使用していた記憶があります。

ママ&キッズのミルキーローションもしっかり潤ってよかったです。

使用感はすごくいいんだけど、継続するにはお値段がきついので、おさいふに余裕のある方向け。

こちらは1本使い切っていいなっていう感触だったのですが、価格の面で二の足踏んでリピートには至らず。

ラッシュの肌の愛情も良かったです。

これは匂いが大好きでした!

でも子育て中って香りの強いものから遠ざかってしまいますが、独身時代は結構リピートしていました。

現在はグリセリンにたどり着いています。

安いし子どもにも安心できること、臭いがないこと、べたつかないとかなり使い勝手が良く効果も高いのです。

しじみ
出来るだけ入浴時に得た水分をしっかり皮膚にとどめて、かゆみや湿疹のでないように努めていきたいと思います。

グリセリン保湿を止めたらアトピーが再発したまとめ。

  • 肌に合う保湿剤は切らさないように注意が必要!

私の場合オイルやクリームだけでは間に合わなかったようなので、オイルやクリームを塗る前のプレ保湿の重要性を実感しました。

保湿剤自体に消炎効果があるわけではないけれど、肌の潤いが満たされるだけで炎症も落ち着いたり、外的刺激にも強くなるから不思議です。

しじみ
カサカサしてるとセーターかゆいけど、肌が潤ってると大丈夫だったりしますもんね。

ちなみに私はなぜかエアリズムは痒いけどヒートテックは大丈夫な謎肌です。

これから季節の変わり目を迎えて肌荒れを起こしやすい時期にはいるので、出来るだけ健やかに過ごせるようにケアしていきたいと思います。

それでは本日もお読みいただき有り難うございました!

かゆかゆお肌が癒えますようにー!

おすすめの記事