産後、実母との関係があまりよくなくて、私も必要以上に反応してイライラしてしまってるのかもしれない。

わたしの息子がママっ子すぎる件についての実母の発言。

〇〇可愛くない、〇〇泣くから嫌い

 

 

この言葉がものすごく胸にひっかかってしまっていました。

夫『ほんとうに可愛くなかったら、こんなに手伝いに来てくれないでしょ、言ってるだけだよ』

 

確かに。

そうだった、表現がちょっとディスりよりなタイプの母だったんだ。

機嫌の波のある母だし、しっかりそれを引き継いでるわたしだし、お互い『生理最近見てない』っていう、更年期&産後回復中の母娘っていう背景ももちろんある。

それ以前に、表現の仕方の個性なのかなと。

ディスりよりの表現てツンデレ好きにはたまらんのかもしれませんが、わたしはツンデレ好きじゃないっていう好みの問題な気もする。

普段だったら、実際の行動や発言の背景まで含めて受け取れるけど、疲弊していると思考がフリーズしてしまって言われたまんまにしか受け取れなくて、言葉の消化不良に陥ってるっていう部分も大きいのかもしれません。

助かる部分も多いけれど、産後の母娘はぶつかりやすいかも。

思えば産後1か月、母が手伝いに来てくれた時も、母に対してものすごくイライラを募らせていました。

わたしはTVもラジオも苦手なのに、常にどっちかつけているので、音声が騒音にしか聞こえなくてイライラしていたり、ちょっとした一言がガサガサの心に引っかかるようなイメージです。

ここまでくると、何もかも嫌だ、坊主憎けりゃ的なところに発展してきます。

早く帰ってもらおうかな、なんていえば角が立たないだろう、なんて思うこともしばしば。

手伝ってもらえなかったらこまるくせに、頼ってるのは自分なのにね。

実家で暮らしている時は、社会人になってからは仕事で朝8時~11時に家を出て、帰ってくるのは早くて21時半、遅くて終電。

休みは月8回の公休で、休み前には飲みに行って帰ってこないこともしばしばでしたので、そんなに顔を合わせないんですよね、同居でも。

それが結婚して一度家を出た上に、出産をして外出が出来ないところにまた再び同じ部屋にずーーーーーっと一緒に居るんですから、粗が目につくんです。

わがまますぎる、と言えばそれまでだし、産後でホルモンバランスが、と言えば、またそれもそれ。

結局理由なんてどうでもよくて、そういう事実がそこにあるっていうことだけは動かない。

子どもはいつだってお母さんに過剰なまでに期待しちゃう。

子どもを実際に産んで育ててみて、感謝も大きくなりました。

でもいつだって、子どもは母に大きな期待を寄せてしまうのかもしれないです、大きくなっても。

大きく期待したり、求めたりしてしまう母だからこそ、思い通りに応えてもらえなくてストレスに思っちゃうのかなと。

30歳もこえたのに、結局わたしが母に甘えたい、受けて止めてほしいと思うからこそ起こる衝突なのかもしれないです。

息子がギャンギャン泣くのと同じなのかな、わたしはさすがにもうギャンギャン泣きはしないけど。

おすすめの記事