近頃自然災害のニュースが立て続けに目に飛び込んでくることもあり、我が家が加入している火災保険を見直すことにしました。

これまでは家を購入した際になんとなく加入していた県民共済の火災保険で年払い17,200円のもの。

  • 住宅 27坪 1750万円
  • 家財 400万円

夫単身の状態での契約だったので、家財は400万と控えめです。

そして色々なサイトでリサーチをしていても感じるのですが、家財への保障額ってそんなに必要なのでしょうか。

感覚的に家族3人でも400万でいいのでは?と思ってしまいます。

再調達するほど必要なものってどれくらいあるのか、それこそなきゃないでどうにでもなるのではないかと考えてしまう私は早速FPさんに相談してみました。

火災保険&地震保険についてどれくらいの保障が必要かFPさんに相談してみた

実際に様々な保険請求手続きを処理しているFPさんに相談しました。

家財で請求した保険金を必ずしも家財購入費用として考えない

FPさん
家財は壊れたものを写真にとりまくって、書くだけ書いて請求してください、その費用で必ずしもおなじ家財をそろえる必要はないので、その保険金を生活の再建に充てるんです

なーるーほーどー。

建物の保障に入っていても、全壊、半壊、一部損壊のジャッジで思うように建物の修復をまかなえるだけの保険がおりないこともあるので、そのぶん家財を多めにしておくことで補う役割としても役立つようです。

損害部分や破損品は災害に遭ってひどい状態のところをしっかり記録しておく

FPさん
いざ災害に遭ってその惨状を冷静に記録するのは精神的にきついかもしれないけれど、それが重要なポイントになりますので慌てて片付けてしまわずにしっかりと画像で記録を取って保険請求時に資料として提出してください。
片付ける前にしっかり写真を残しておくというのがポイントだそうです。

こういうお話も、実際に保険商品を扱っているFPさんならでは。

しじみ
事前にこの話を聞いてなかったら画像の記録まで気が回らない自信あります…。

FPさんに提案された補償額は建物1750万円の家財800万円でした

そんなわけで、30代夫婦+1歳になりたての息子の我が家は家財を800万円程度が妥当なのではないかと言うお話でした。

これでもいろいろなサイトを参照すると少な目って言うね…ほんとか、まじか。

とにかく、建物1750万円の家財800万円で見積もりを取ることにしました。

火災保険+地震保険5年一括払いで301,920円

5年で30万なので年間に直すと6万円と結構支払いに躊躇する金額です。

地震保険を付けると一気に金額が跳ね上がります。

我が家は水災のリスクは低いので、スリムプランで水災を外して見積もりを取ったのですが、それでもこの金額です。

 ちなみにスリムプランだと火災 落雷 破裂 爆発 風災 雹災 雪災 盗難が補償対象です。

今までは火災のみで家財も400万だったので5年間で86,000円で済んでいたところにこの提案はかなりの重圧を感じます。

新たに地震保険に加入するので増額は致し方ないにしても、地震保険料を考慮しても一気に今までの3.5倍の費用は厳しいです。

高い!!って感じるような保険は、『納得できていない』証拠だと思うので、詳しく見積もりの内容を確認して検討してみます。

セコム安心マイホーム保険『スリムプラン』+築浅割引での見積内容はこちら

  • 主契約の火災保険部分 95,420円
  • オプション部分 21,110円
  • 新たに追加の地震保険部分 185,390円

断トツに地震保険が高いのですが、今回の見直しで地震保険には加入したかったので、これは必要な費用なのでしょうか。

主契約である火災保険部分に関しては、今まで家財400万で86,000円だったことを考えると、家財の保障額を倍額の800万にしている点を考慮したら納得の金額です。

そしてオプション部分は個人賠償責任保険以外は必要を感じないので、外して再検討してみることにしました。

家財保険の保障金額を減額してオプションをはずしてコストカットしてみる

我が家に必要だと思われるオプションの個人賠償以外を外して、家財の保障を600万に下げて保障内容をダウンさせることも視野に入れて再度見積をとると、262,480円になりましたので39,440円のカットが出来そうです。

 我が家は個人賠償保険には未加入なので、これはこの機会に絶対につけたいオプションなのです。

今後自転車に乗る機会も増えることが予想されるので、有事に備えて個人賠償責任は必要だと考えます。

免責金額を設定する事でもコストカットが可能

あとはこれ以上下げるなら免責金額を入れ込むことも検討対象に入ってきます。

全ての保障に免責10万円を組み込んで個人賠償以外を外し家財600万にすると、245,100円になります。

でも免責10万とか入れておくくらいなら、それこそなんか保険自体要らなくない?

10万円以上の大きい損害のみを補償してくれる内容にしては保険料が高すぎます。

なので免責金額を導入してのコストカットは好ましくない気がするので免責なし個人賠償責任保障有の262,480円このあたりが妥当かなと思えました。

しじみ
免責10万つけると17,380円安くできるけど、5年間で17,380円で済むなら免責なしの方がコスパいい気がします。

保険って無理してまで払うものではないと思っているので、高っか!ってなったら、削ることを検討してもいいものだと思うんですよね。

不安を解消できるだけかけたら本当にキリがないし、もしもの時のために家計が圧迫されるのも本末転倒です。

どうしても保険料が高く感じて加入を熟考しました

あーーー、更新日近づいてきちゃったよー、と思いながら、検索に明け暮れました。

5年間262,480円で加入決定するかどうか、悩みに悩んでいるのです。

これでもまだ元々加入していた共済での火災保険の支払額の3倍を超える状態で、どうしても高いと感じざるを得ません。

でも結論は出なくて、FPさん経由するのもめんどくさい(失礼)ので、セコムに直接見積を取ってもらって再考することにしました。

セコムに資料を請求して改めて確認すると『耐震等級割引』の割引率が大きい!

セコムから直接資料と見積を取り寄せて書面をじっくり読むと、ネット上ではあまり見かけなかった割引の案内を見つけました。

耐震性能にすぐれた建物にお住まいの方!

耐震等級割引で、なんと地震保険料が最大50%の割引って、これに当てはまればすごいことです。

『耐震等級割引』が適用されるかどうかを確認します

さっそく、家を買った時の書類をひっぱりだして、確認しました。

我が家は東栄住宅のブルーミングガーデンという建売住宅を購入しているのですが、耐震等級の証明がしっかりついていました。

耐震等級について調べてみると、証明書の発行にかなり費用がかかるようです。

参考サイト耐震等級3について|ヤフー知恵袋

住宅メーカーの中には、証明書を発行する費用を抑える為なのか『耐震等級3相当』という販売の仕方をするところもあるそうです。

『耐震等級3相当』なのか『耐震等級3』なのかで割引を使えるかどうかが決まるとの事ですが、ブルーミングガーデンは証明書付きの『耐震等級3』でした。

『耐震等級割引』を適用すると保険料はこんなに安くなる!

  • 耐震割引適用前地震保険部分 185,390円
  • 耐震割引適用後地震保険部分 103,020円
しじみ
耐震等級割引の効果は抜群です、だって8.2万円も安くなりましたよ!

そしてこの後に及んでオプション外して更にコストカットしようかと思いましたが、FPさんがゴリ推すので入っておきました。

15,870円で月割りで270円くらいなんだから費用対効果的に外さない方がいいよって。

このあたりになると正直10万円近く保険料を安くできたことで気が済んでいるので、そこまで推すならオプションもつけておきましょうという事で着地しました。

そろそろ考えることに飽きていたっていう部分もありますが。

火災保険&地震保険を見直してみてのまとめ

今回の見直しで耐震等級割引を見つけてそれによって地震保険料が50%割引と半額になりましたので、家財も800万で保障を落とすことなく契約に至りました。

保険のビュッフェのFPさんは火災保険は専門外だったのか、耐震等級の確認はなかったので、この割引を見つけて適用することが出来て本当に良かったです。

割引の申請もれしてたら、すんごいすんごい悔しい、だって10万だよ、10万!

チマチマやってヘッジしようとしたら、どんだけチマチマしなきゃなんないのって話ですよ。

しじみ
プロの意見も大切に、でも自分でもきちんと調べて納得して加入しなければいけないなと思った出来事でした。

自分自身で調べて納得すること+FPさんのアドバイスでしっかり保険を選びましょう。

私がこの時相談したのは保険のビュッフェです。

保険の加入の提案内容は担当FPさんによってまちまちなので、時間があれば複数のFPさんから提案を貰うことがおすすめです。

保険サービスの利用体験談は現在まとめている最中なので、今しばらくお待ちくださいね!

本当FPさんとの相性もあるので、積極的に何社か相談や無料見積を活用して合うFPさんを探しておくと、色々な話も出来てベストな選択をしやすいのだと思います!

私は保険のビュッフェで契約した内容を保険見直し本舗で見直し中なのですが、何度も会う時間を作って細かな部分まで確認を重ねてくれるので、納得できた内容から順次切り替え手続き中です。

火災&地震保険も遠慮せずにいろんなFPさんに相談の上決めても良かったかなーと思っています。

やっぱり多角的な視点って大切ですね。

それではまた!

取り扱い保険会社数の豊富な相談先をお探しなら保険見直し本舗がおすすめです。


保険見直し本舗

私も今見直し相談中の保険見直し本舗は取り扱い保険会社が断トツに多いです。

今回こちらにお願いしたのはその点が決め手で、私が確認した時点で45社!!

他の保険代理店や、紹介型サービスがおよそ20社程度のところが多い中でその選択肢の多さは圧倒的でした。

しじみ

取扱数を重視するならまずは第一候補で間違いないと思います。

保険と名のつくものは大体揃っている印象で、自動車や火災/地震保険・はたまたペット保険まで揃っています。

詳しくは上のボタンから公式サイトへ飛べます!

取扱数45社以上!私もただいま相談中の保険見直し本舗への相談予約はこちら。

こちらの記事の保険見直し本舗で相談した際のことをまとめてあります。

保険見直しラボならイエローカード制度で安心の保険相談。

利用する際の候補にあげた一つが保険見直しラボです。

機会があればこちらの利用してみたいと思っています。

イエローカード制度ありの保険マンモスはキャンペーンにも注目!

保険マンモスも利用したことないです!(正直)

でもこちらも保険相談申し込みの際に候補として挙げていました。

おすすめの記事