しじみ

早速ですが、医療保険未加入、帝王切開だけならほとんど問題ありません!

帝王切開は、思ったより高額な出費はないですよー!

緊急帝王切開した私の医療費の内訳はこちら。

帝王切開での分娩費用は、そんなにびっくりするほど高額ではない理由。

緊急帝王切開を経て、バッチリ個室で過ごしましたが現金で支払うことになった金額は、13万9千円です。

普通分娩と、そんなに変わらないんじゃないでしょうか。

なぜかっていうと、入院日数が長期ではないし、帝王切開は保険適用だから、なのですね。

ほとんどの帝王切開で、5日間~7日間で退院出来てしまうのです。

普通分娩の+2日、3日くらいの入院期間なのではないでしょうか。

そして出産一時金で42万円の支給もありますし、高額医療費を組み合わせることもできるので、大部分を相殺できるのです。

完全個室で1週間入院して、紆余曲折しまくっていろいろな処置代がかかった私でも、足が出たのは13万円ほど。

もし、医療保険に事前に加入していれば、こんな感じで給付されたものと思います。

  • 入院日額5,000円×7日間=35,000円
  • 女性疾病入院給付金 5,000円×7日間=35,000円
  • 手術1回 50,000円
  • 合計 120,000円

アフラックのちゃんと応える医療保険レディースEVERに加入していたとして、の給付金の簡単な試算です。

確かに出ればうれしいけど、これだけの為に医療保険に加入するのはちょっとね…っていう金額です。

なんたって、年間の支払額が61,878円(30歳女性で試算)なわけで、それが毎年かかるので、妊娠出産するまでにいくら支払っての120,000円の給付か、って話です。

保険に二年間加入していれば、既に12万以上支払っていることになりますので、給付額より支払額の方が多くなります。

上記のケースは私の加入内容を引き合いにして計算しましたが、年間およそ6万2千円を支払って得られる保障は、三大疾病の一時金など諸々が入っています。

妊娠出産トラブルにだけ備えるのであればこんな高額な保険いらないので、もっとお手頃で用途にフィットするものはたくさんあることをご理解くださいね。

少額の損保系の商品でもよいと思います。

あくまで上記のご紹介は私の場合として、お読みください。

出産前のトラブルで入院が長期化するケースは費用が嵩みがち。

じゃあ、妊娠出産で医療費がかかるケースって何があるの?というお話です。

友人やいとこでもいたのですが切迫早産や切迫流産での入院の長期化によって、入院費用が嵩んだ時の費用の方が、帝王切開での費用よりも高額でした

分娩費用+妊娠中管理入院費用がかかるわけなので、そうですよね。

保険適用内の費用はもちろんかかりますし、保険適用外の差額ベッド代と食事代もあります。

そして切迫早産や切迫流産に関しては、どのくらいの期間入院すれば退院できるのかが、全く読めないのです。

本当にママのからだとお腹の子次第、何日で退院していいですよ!とはならず、出血の様子や子宮頚管の長さなどをチェックして、状況を見極めてお医者様が判断するようになります。

双子の妊娠、出産をした友人は、ほとんど半年ほど入退院を繰り返し、張り止めの点滴はもう圧巻の40か所以上で両腕あざだらけという状態に。

もちろん仕事もやめることになり、絶対安静の寝たきり生活を送っていました。

そして子宮頚管が短くなっているということで、子宮頚管を縛る手術も受けていました。

そんな彼女は、入院費用は考えたくないくらいかかったよ~と言っていました。

この友人の半年間入院というケースは稀かもしれませんが、私のいとこも子宮頚管が短く1~2か月入院していました。

2か月も入院すれば加入している医療保険にもよりますが、私の加入しているアフラックのEVERでは入院60日の制限なので、給付額は60万円になりますね。

しじみ
60万円の給付が降りたらかなり助かりますよね。

長期化すると途端にありがたくなる医療保険!

入院日数には制限がありますか?

病気・ケガでの入院は、それぞれ1回の入院につき最高60日(120日型の場合は120日)まで、通算では1,095日まで保障いたします。

  • 疾病入院給付金・災害入院給付金それぞれ支払事由に該当する入院の退院日の翌日からその日を含めて180日以内に入院(原因が異なる入院も含む)した場合、1回の入院とみなして支払限度60日(120日型の場合は120日)を適用します。

なお、<三大疾病無制限型長期入院特約>を付加した場合は、上記支払限度日数を超えた入院を保障します。

出典:アフラック公式

妊娠出産で医療費が高額になるケースは長期入院です!

妊娠出産に関する費用で一番破壊力が高いのは、妊娠中のトラブルによる長期入院だと思っています。

帝王切開じゃないんだよー!

帝王切開 費用 というキーワードでたどり着いてくださる方が多いのですけど、出産前のトラブルの方が家計に対しては脅威になります。

そして妊娠出産でのトラブルはすべて他人事ではないなーっていうのが、産んでみての感想です。

誰しもが「まさか自分がこんなことになるとは思っていなかった」のです。

私もまさかこんなに難産で緊急帝王切開をするとは、お腹を切られるその時までまったく思っていませんでした。

きっとその他妊娠トラブルも、いざなってみて「まさか」と思うのでしょうね。

そんな自分自身や周囲の経験もあって、私は結局産後に医療保険に加入しました。

でも私は帝王切開後の医療保険加入だったので、5年間妊娠出産に関しての保険金給付がおりない契約しか結ぶことができなくなりました。

そして第二子を授かることがあれば、2回目の帝王切開はほぼ確定です。

帝王切開だけに関してはそれほど負担には思っていないのですが、次の妊娠期間中に何かトラブルが起きたときの大きな出費は覚悟しなきゃいけないなあ、とも思います。

入院費用という直接的な出費の他にも、仕事で働けず収入がダウンしたり、手助けを頂くための費用がかかることも予測されます。

保険の内容も、入院、手術の保障だけであれば、お手頃なものも沢山あったので、妊娠出産前にしっかり検討してみても良かったかなーなんて後々から感じました。

もちろん、すぐに動かせるお金が100万くらいあれば保険はなしでもいいと思いますし、ちょっとそれはキツイなーという家計の状況であれば、妊娠出産を考えるタイミングで数年間だけでも、月々2000円程度の少額のもので加入するのもアリなんだと思います。

保険は長期的な支払で金額の膨らむ支出になります。

面倒くさがらずに自分自身で下調べをした上で、複数のFPさんから話を聞いて提案プランを比較したうえで加入するのがおすすめです。

保険の情報に関してはこちらのサイトが参考になります。

妊娠出産に関して、保険でどのようにカバーしていくのかを考える時にはご覧になってみてくださいね。

出産に関する女性保険の保障内容と助成金を確認!|ほけんROOM

そして無料の保険相談を利用した際にも、『一度ゆっくり検討します』ときちんと伝えれば急かされることもないので、後悔のないようにしっかり検討してください!

しじみ

【追記】

保険見直し本舗で保険の見直しを行った結果、帝王切開履歴有でも異常分娩に備えられる医療保険に加入できました!

取扱数45社以上!私の利用した保険見直し本舗への相談予約はこちら。

こちらの記事の保険見直し本舗で相談した際のことをまとめてあります。

しじみ
そして保険見直し本舗では女性の担当者さんにお願いすることが出来て、帝王切開経験有りでも保障の厚い保険に見直すことが出来ました◎

 

帝王切開をした私でも!

  • 子宮外妊娠
  • 切迫早産
  • 切迫流産
  • 早産・流産
  • 妊娠悪阻(つわり)
  • 前置胎盤
  • 常位胎盤早期剥離
  • 妊娠中毒症
  • 羊水過多
  • 羊水過小
  • 過期産
  • 子宮内発育遅延
  • 子宮頚管無力症

こんな盛りだくさんな保障をつけてくれる保険を提案してくれました。

これは別記事で詳しく書きたいくらいうれしかったです。

これはもう迷わずサックリとアフラックのEVERからメットライフのフレキシィにお乗り換えしました。

帝王切開を経験してしまったら、妊娠出産関連の保障は諦めるしかないと思っていたので目からウロコです。

帝王切開経験者の妊娠・出産トラブルにも対応してくれる保険商品もあったんだなーと嬉しくなりました。

同じくらいの費用なら、保障が厚い方がいいしいざという時給付の対象に当てはまりやすい方がいいですもんね。

いつかは二人目も…なんて考えていたので、二人目の妊娠が分かる前に保険を見直せてよかったです。

そんなわけで保険見直し本舗で出会えた担当者さん、頼りにしています

この一件ですっかり保険見直し本舗推しな私です…。

でも担当してくれる人によって内容はマチマチなのが保険の見直し相談!

保険見直し本舗だからと言ってベストな結果になるとは言い切れませんが、個人的には良い担当者さんとのご縁に恵まれました。

相談はもちろん無料で行えますので、相談してみてはいかがでしょうか。
↓↓こちらのボタンから公式サイトへ飛べます↓↓

あえて一社すすめるとしたら保険見直し本舗ですが、保険選びは比較検討が大切です。

他の保険相談サービスも並行して利用してみることをおすすめします◎

しじみ
それでは最後までお読みいただきありがとうございました。
おすすめの記事