1シーズンに2回もインフルエンザに罹って意気消沈していたのですが、2回目のインフルエンザに関してはこじらせてしまったからなのか、その後の体調不良も深刻でしたので、インフルエンザ後の体調について書いていきたいと思います。

インフルエンザ、解熱したのに咳が酷い!眠れない!そして鼻水もやばい!

インフルエンザの高熱や関節痛などの症状は落ち着いてきたのですが、どうにも咳と鼻水がひどくていつまで経っても良くならない。

咳に関しては加湿器付けようがトローチなめまくろうが何しようが全く良くならず、特に夜間の咳がひどくて眠ることが出来ません。

呼吸するともう吸い込んだ空気が刺激になってむせちゃう感じです。

そして鼻はかんでもかんでも出てくるし、鼻のかみすぎなのか咳のしすぎなのか、顔面痛や頭痛にまで発展してきました。

休もうと横になると鼻が詰まって息が出来ないので、口で呼吸すると今度は咳が止まらないという八方塞がりな状態です。

特に咳が酷くて、夜眠れないことがつらい。

ひどい咳が続くのは想像以上につらいことで、咳のし過ぎで肋骨に痛みは出てくるし、横になると咳が出る頻度が加速してしまって眠ることが出来ず、睡眠不足も重なってしまいどうにもしんどいので内科に相談してみました。

すると内科の先生はサラっと『咳は長引くからねー』っという返答。

治まるまで我慢するしかないという診察だったので、落ち着くまで我慢することも考えましたが、体調を崩した息子の病児育児と夜泣き対応、夜間の頻回授乳や添い乳に加えて咳にまで睡眠時間を削られることのしんどさを考えたときに、咳が治まるまで我慢するのは無理だと感じました。

我慢できない程の咳をよく診てくれそうな、耳鼻咽喉科か呼吸器内科を探すことにしました。

内科でのサラーっとした診察に温度差を感じた私は、耳鼻咽喉科か呼吸器内科をあたってみることにしたのです。

耳鼻咽喉とは?

名前通り耳鼻喉を見てくれるお医者さんで、ザックリいうと喉から上の症状が専門。

鼻水、喉の荒れとか。

呼吸器内科とは?

こちらは耳鼻咽喉科と比較して、喉から下が専門のお医者さん。

なので肺の疾患などは呼吸器内科になるようです。

どっちに行けばいいのかわからなかったけれど、呼吸器内科に行ってみました。

喉を区切りに上か下かということだったけれど、私に専門的な知識はありませんので、何が原因でこんなに咳が止まらないのかわかりません。

なので立地や口コミなどで選んだ結果、「呼吸器内科」を受診してみることにしました。

呼吸器内科を受診してみると、『気管支炎かなー』という診断。

  • 夜間の咳がひどくて眠れない
  • たまに呼吸がヒューっとする
  • 痰がでる(黄色とか緑とかあんまよくないやつ)

気管支炎はインフルとか風邪の病後に罹ることが多いそうで、上記のような症状があると説明を受けました。

そして咳止めや痰を切る薬、気管の通りをよくする薬、抗生物質を処方してもらいました。

  • テオドール(日中100/夜間200) 気管支を広げて呼吸を楽にする
  • カルボシステイン錠500mg 膿や痰を出しやすくする
  • グレースビット錠50mg 細菌の感染を抑える
  • スピロペント錠 気管支を広げる
  • リンデロン錠0.5mg

症状が辛くて夜眠れないことを相談したところ、テオドールという薬を日中用と夜間用で処方を変えてくれました。

これで咳はなんとかなりそうだけど、鼻水も結構しんどい。

咳に関しては、上記の呼吸器内科の受診で相談することが出来たので、処方された薬を服用して様子を見ようと思いますが、鼻の苦しさはどうしようかな、やっぱり耳鼻咽喉科も尋ねてみたほうがいいのかな、なんてもやもやしながら改善策を探していました。

すると副鼻腔炎の症状がヒットし、読み進めてみると当てはまる項目が多いのです。

  • 頭が重い、痛い
  • 鼻汁が喉の方に垂れてネバネバする
  • 嫌な臭いを感じる
  • 鼻がかみきれない
  • 顔が痛い

大体当てはまっているのですが、顔の痛さがどんどん増していて何とも不快な上に不安になります。

なんか歯が痛いような、顔が痛いような、目の周りが痛いような変な感じ。

ちくのう症(蓄膿症)で膿(うみ)が溜まるのは、鼻の奥にある「副鼻腔(ふくびくう)」という場所です。副鼻腔は、骨に囲まれた空洞で、普段は空っぽの状態です。そこに、炎症がおきると「副鼻腔炎」といい、特に膿(うみ)がたまって起こるのが「ちくのう症(蓄膿症)」と呼ばれています。

出典:小林製薬チクナイン

上記の画像で言うところのほっぺたのところの空洞らへんが痛くて、目の周りが痛いような、歯痛のような顔面痛があります。

母がこの空洞の炎症が酷くなってしまった時に、口腔内を切開して膿を洗浄したという話を聞いたことがあったので、このまま痛くなってドロドロいっぱい出てきたらどうしよう、と結構びびっていました。

呼吸器内科での処方薬に抗生剤が含まれているので、顔面痛に関しては様子を見ることにしました。

不安はあるものの、副鼻腔炎を調べてみると抗生剤での治療が主な様なので、呼吸器内科で処方されたグレースビットで落ち着くかもしれません。

http://www.zubora-mom.com/entry/tikunousyo/17-7

ずぼらママさんも副鼻腔炎でグレースビットをお飲みになったみたいですし、カルボシステインの処方もかぶっていますので、素人判断ではありますが、鼻水や顔面痛に関してはひとまず様子を見ることにしました。

色んな所に症状が出てる時って、何科で診てもらえばいいか分からなくって困りますね、鼻なの喉なのなんなのっていう状態です。

体調の悪さに子育てもままならない自分自身に落ち込みます。

単体だけでもかなりの破壊力のインフルエンザなのに、それを切っ掛けに抵抗力がダウンしたのか一気にいろいろな症状が出てきてしまいました。

私は産後頻繁に体調を崩しているのですが、それによって落ち込んでしまって、気持ちがネガティブに振れてしまうことも多くあります。

  • 育児が思うようにできないうしろめたさ
  • なかなか思うように体が動かないもどかしさ
  • 単純につらい体調
  • 服薬することでの、母乳育児の不安
  • 母親としての頼りなさ

理想とのギャップに落ち込み、いつまでたっても体調の悪い落ち着かない日々にストレスと不安を感じています。

いつになったら体調が落ち着くんだろうって今はそればかり考えてしまうけれど、きっと体調が落ち着いたらこうやって不安になって悩んで、やきもきしながら過ごしたことは忘れちゃうのかもしれません。

でも今は元気に子育てをするママにあこがれます。

それではまた!

赤ちゃん(0歳児)のインフルエンザは一家全滅して大変でした。

ワンシーズンに2回インフルエンザA型にかかってこじらせた私。

2017年はインフルエンザになりたくないので予防接種受ける予定。

おすすめの記事