妊娠がわかってつわりがはじまったり、体調や気持ち、体への変化がはじまるとマタニティグッズやウェアを買うか買うまいか、買うなら一体何を買うのかなんて悩み出してしまうものです。

ミニマルシンプルに過ごしたい派の私は基本的には物は増やしたくないタイプなので結構悩みました。

そこで今回はミニマルシンプルにこだわったマタニティウェア&グッズのおすすめリストをまとめます。

マタニティウェア&下着は何週ごろから、いつ買うか問題。

これは経験上なんですけど、早いうちでいいと思います。

この理由はすっごく簡単で、妊娠期間はただでさえ長くても10か月、体に大きく変化が出てくる期間は更に短くなります。

なのでどうせ買うなら早めに購入して使い倒すのが良いと思うからです。

やっぱり購入するからにはしっかり使い倒したり、着倒したりしたいですよね。

そしてやはり妊娠しているからだに合わせた洋服や下着は着心地が違うんです。

つわりがはじまるととにかく締め付けが気持ち悪くなってしまってつらくて、嘔吐を誘発してしまったりするので、出来るだけストレスフリーなマタニティライフを送るためにも最低限のものは必要なのではないかなと割とゆるいミニマル志向な私は思います。

わざわざ妊娠期間の為だけに買うのもったいない?

私も実際は結構悩んだんですけどね、『その時だけしか着ない(使わない)物をわざわざそろえるのはもったいない』って。

でも今回はそういうママにこそ参考になるような、わざわざ買うのもったいない、物を増やすの管理がめんどくさくなるから嫌ってタイプの私がおすすめできるものや、逆に要らなかったかもというアイテムなんかについてまとめていきたいと思います。

ではではさっそくいってみます!

マタニティ用の下着はつわりが始まるころの購入がおすすめ!

身体に直接触れる下着の威力、すごいですよ!

私は第一子妊娠中つわりで一か月間ほぼソファと仲良く寝込んで動けなかったんですけど、なにせ締め付けが一切ダメで気持ち悪くなってしまうのです。

つわりが苦しいママは、まず締め付けをやめてあげるだけで大分楽になります。

なのでそのまま妊娠期間中~産後まで使えるようなインナー類・下着はこの時期に購入してしまうのがおすすめです。

具体的にはつわりの始まる5週以降くらいで導入してしまってもいいのではないかと思っています。

瞬間授乳ブラキャミソール(クロスオープンタイプ・レース付き)

瞬間授乳ブラキャミソール(クロスオープンタイプ・レース付き)

  • 妊娠初期&産後におすすめ!
  • 身頃がピッタリしているので、お腹が大きくなると着用はお休み
  • 母乳育児ママブロガーが結構こぞってPUSHするお墨付き
  • 生地の耐久性すごくいい◎
  • アンダーの締め付けなしで着用感が楽

ちなみに産前お腹の大きい時にも使いたい!っていうことなら、こちらのフレアしてるタイプがおすすめです。
【産前・産後対応】瞬間授乳ブラキャミソール(クロスオープン・レース付き)


こちらならお腹が大きくても大丈夫です、ゆったり着られます。

ただ個人的にはフレア可愛いけどひらひらしていると邪魔という理由で、上のタイプを選びました。

産後の授乳期を考えるとピッタリしている方が確実にお腹が冷えないんですよね。

でもフレアは可愛い上に臨月までいけちゃうから悩むところ!

ちなみにフレアは1,490円です、両方ともお揃いのショーツがあります↓↓


【産後】サポートショーツ2枚セット

このショーツも産後向けなので、お腹がピークにポンポンの時は使えませんが、お腹や腰回りのサポート感が程よくあるので、妊娠中の初期のころには活躍します。

ショーツは1,380円。

個人的におすすめする下着の必要枚数から金額を出してみます。

  • フレアタイプのキャミ4枚=5,960円
  • お揃いのショーツ4枚=2,760円
  • マタニティショーツ4枚=3,000円

結構無駄を省いたように見えて、これでも12,000円かかりますね…。

更に圧縮したい場合は、それぞれ3枚ずつに減らし、西松屋だとお値段がもうひと段階くらい安く揃うので、キャミ3枚で3,000円、ショーツ3枚1000円くらいで揃います。

これなら半額6,000円でいけますね!

個人的には下着類は4セットあると多少の悪天候続きでも洗濯が間に合って余裕を持てる実体験上、下着類は4セットしかもたない派のゆるミニマリスト生活なので4枚での試算になっています。

そして上下揃ってないと嫌な割に上下揃えるのが面倒なので、4枚すべて同じ色を買ってます…笑

ちなみに靴下もオール同じでどれでも左右合わせられるようにしている横着ぶり、私は雑から派生してるミニマル志向です。

私がUNIQLOのブラトップをマタニティ&産後におすすめしない理由。

ここまで書いていて、『UNIQLOのブラトップじゃダメなの?あれなら妊娠初期と産後すぐ使えるよ』と思った方も多いのではないでしょうか。

私もUNIQLOのブラトップですべてをまかなう気満々でマタニティ期に臨んだわけだったんですけど、無理だったんです。

ユニクロのブラトップはアンダーの締め付けがきつ過ぎました。

153cm44~52kgくらいで通常時から妊娠後期までの間に体重が推移したのですが、産前はつわりでブラトップの締め付けが無理、ブラジャーは論外、吐いてしまいます。

産後はなんと…ブラトップをした日に乳腺炎になったことが二度あり、私の身体はこの期間締め付けを受け付けないんだなと実感するに至りました。

もちろんここは個人差もありますから、ブラトップでいけてしまう方も多いと思います。

個人的にもその方がタンスがすっきりしますし、お財布にも優しい面では望ましいことなのですが、私には向きませんでした。

なので授乳が落ち着いたころ(具体的には1歳半~)にようやくベルメゾンからUNIQLOに切り替えることが出来ました。

 色々なケースがありますので産前産後の下着選びは体と相談して無理せず行ってくださいね!

犬印でマタニティ&授乳ブラジャーとショーツも購入していたけど、ベルメゾンキャミがいいと思った理由。

上記で紹介したベルメゾンの授乳キャミソールの導入前、犬印のブラ&ショーツを愛用していました。

犬印のブラショーツで4セットくらい持っていて、これも締め付け感がないという点ではすごく良くてコットンの肌触りも優しいので気に入っていたのですが、そこからブラキャミに移行したのには理由があります。

冷え防止の為にキャミソールを重ねて着るのが面倒だから、です。

これって産後は特に実感するんですけど、赤ちゃんお風呂に入れた後バタバタしてる中でブラ付けてキャミ着てっていうの、1個でもプロセス省きたいんですよ。

そうすると1枚で終わるブラキャミに結論が到達するんです。

この忙しいときに2枚も着てられん!!!っていう状況に新米ママはなったわけですね。

なのでそれなら最初からブラキャミonlyでよかったじゃん、というのが個人的な感想なので、マタニティブラジャーは購入したものの、この記事ではあえて紹介していません。

ワコール Wacoal 産前・産後兼用 骨盤サポートベルト マタニティ M BL MGY620 妊娠中から出産後まで 入院準備にも

骨盤ベルトはこれを買いました!

産前は結構使っていて、やっぱり支えてあげると腰痛が和らいだのでサポートベルトはあった方がいいかなと思います。

有名なトコちゃんベルトと悩んだのですが、何か購入先とか使い方とか難しく感じて面倒になってしまったのでワコールのものを購入しました。

これがすごく気に入っていて、使用感も良く着脱も楽だったんですけど、産後は帝王切開の傷が縦切りだった為に傷に直撃して痛くて使えないという悲しいことに…。

5,000円くらいして安い買い物ではないだけに、ちょっと落ち込みました。

最初ちょっとケチって犬印の腹巻&腹帯セットを購入して使用していて、これはこれでお手頃価格な上に着用感も良くて気に入っていたのですが、産後の骨盤の事を考えてワコールを買い足しただけにショックが大きかったです。

ワコール産後使えないならこの犬印のセットで事足りたよーーーーーーーーーーーーーー!

でもワコールと犬印はちょっと方向性が違っていて、ワコールは骨盤や腰をサポートするのに対して犬印はお腹を支える!って感じの使用感です。

なので用途的には=ではないかなといった印象ですが、両方とも使ってみて良かったアイテムなのでおすすめできます◎

あとはマタニティ専用アイテム要らなかった!!

ユニクロのヒートテックパンツがお腹をすっぽり包んで優秀。

産後の味方UNIQLOのハラマキパンツ

出典:ユニクロ

そして冷え防止&お腹周りのサポート力UPに大貢献しているのはUNIQLOのヒートテックウエストウォームショートパンツ。

これはほんとみんなに熱くおすすめしたいです、結構伸びるので案外長らくいけます。

無印良品のレギンスはよくのびてマタニティ専用品要らず。

無印のレギンス伸びるよ~

私はレギンス類に関しては、マタニティ専用のものを購入しませんでした◎

無印のレギンスがすごくよく伸びて、窮屈感もなくこのまま出産までいっちゃった感じです。

あったかタイプもコットンタイプも良く伸びる。

153cmMax53kgまで綿混あったか十分丈レギンス 婦人M 38244240 無印良品でいきました。

ちなみにUNIQLOヒートテックレギンスのMは入らなかったので、同じMサイズ表記でもメーカーや素材感でかなり着用感が異なります。

そして余裕のあるママはやっぱり専用のマタニティレギンスあってもいいとは思いますが、物増やすの嫌ーって方はこういう乗り越え方もアリでしたという参考までに。

ワンピはやっぱり楽ちん!気に入っているシンプル系マキシワンピシリーズはこちらです。

秋冬はやっぱり起毛系があったかくていいです。
個人的にはすぐゴロンと横になれるように、フードのないタイプのワンピが着やすかったです。
フードがついていると横になった時に首元がもそもそゴロゴロして肩が凝ってしまうので。

ワンピ×レギンスで、アウターは真冬はMA-1+パーカーを重ね着していました。

前は全然閉まらないので、大判のストールを結んで隙間を埋めます!

UNIQLOのシャツワンピースがマタニティウェアに最高におすすめ過ぎる。

ユニクロシャツワンピをマタ着に!

出典:ユニクロ

わたしはUNIQLOのシャツワンピを2枚購入して、これを着たおしました◎

なんとこのワンピ、まえあきなので出産の為に入院する時にそのままパジャマとしても使えるのです。

どうもマタニティパジャマのデザインが好きになれなかった私は、ユニクロシャツを入院時のパジャマとして持っていきました。

  • 1枚着が出来る!
  • 部屋着やパジャマ使用出来てそのまま外出も行ける
  • 羽織ものとしても使える

なかなかの有能ぶりだと思います。

前あきなので産後の授乳時期にも使えますし、ユニクロのシャツ類は耐久性あります、ガシガシ洗ってもへこたれないので、私はこのままこの2枚はまだ見ぬ第二子妊娠出産でも着る気満々です。

必要な物だけ買いたい!マタニティ期のアイテムまとめ。

これから出産に向けて出費もあるし、出来れば支出は抑えたいのが本音です。

見ているとついついいろんなものが欲しくなるし、そしてそれが必要な物のように思えてきます。

そんな中で、必要だった!要らなかった!という経験を棚卸しながらまとめました。

  1. ブラキャミ&ショーツ
  2. 腹帯などのサポートグッズ
  3. レギンスや腹巻パンツなどの冷え防止グッズ
  4. シャツワンピ&ワンピ

必要な物を絞り込むと、こんな感じになりましたので少しでも参考になりますと幸いです。

そして妊娠中はお腹にめっちゃ毛玉出来るので、毛玉取り器はおすすめです。

洋服屋さん上がりの私の一押しの毛玉取り器はコンセント式のやつです、大量に取るときでもパワー不足にならなくてストレスフリー、毛玉取りパワーが安定的に続くことはこんなにもストレスを減らすのかとびっくりしますよー。

また何か思い出したら追記しますね!

それでは!

おすすめの記事