子どもが産まれて出産関連の出費が落ち着いたころ、今度は教育費が不安になってきました。

子どもの教育費って一体いくら用意したらいいの?

まとまった金額が必要だけど、どうやって貯める?

っていうか家計大丈夫?

しじみ
妊娠出産で私の年収もガッツリダウンしているので、お金の不安は尽きません。

大学卒業までの教育費はどれくらい?いくらかかるのか考えてみました。

ネットで教育費の準備額を調べると、本当にご家庭によってまちまち!

中には高額すぎて「そんなに用意しなきゃいけないの!?そんなに貯められない…」なんて自信を無くす金額を目にすることもありました。

こういうのって人と比べても仕方ないですよね。

なのでさっそく夫と、我が家における子育て方針をすり合わせました。

  • 習い事はやりたいって言い出せば叶えたいが、こちらからあれこれ習わせることは望んでいない
  • 小学校、中学校は、学区内の公立に通ってほしい
  • 高校は公立でも私立でも、本人次第だけど私立もあり得るよね
  • 大学も本人次第で、学びたいことがあるなら応援したい!
しじみ
ゴリゴリに教育費をかけたい!!感じのスタンスではないことが共有できました◎

でも本人の意思があれば大学までは面倒を見たいね、という意見にまとまりましたので大学進学費用を確認しようと思います。

大学の費用はいくら?子供の教育費は私大理系なら600万円~700万円かかることも。

    我が家は自宅の位置的に、地方へ進学しなければほとんどの場合自宅から通学が可能なので、純粋に学費にフォーカスして必要な費用を計算することにしました。

    でも学費だけでも私立理系になると、4年間で600万~700万程かかる様子。

    しじみ
    学習院大学を例にとって学費を見てみます。

    学習院大学で、およそ630万円です。

    大学によってかかる費用はまちまちなようですが、純粋な学費だけでこんなにかかるんですね!

    しじみ
    ここに一人暮らしの費用などがプラスされるのであれば、1000万円ほど見積もらなくてはいけないかもしれません。

    教育費の相談におすすめなのは私も利用した保険見直し本舗!
    ↓↓こちらのボタンから公式サイトへ飛べます↓↓

    保険の無料相談を利用してどうしたらいいかをFPさんに聞いてみた。

    しじみ
    夫婦での上記の話し合いを経て、FPさんと相談をしました。

    事前検討の結果、ド定番の学資保険か、低解約返戻型終身保険のどちらかは利用したいと考えての相談だったのですが、FPさんのおすすめはオリックスのライズという低解約返戻型終身保険でした。

    FPさん
    私大理系と考えても、600万以上を全て一括で支払うものでもないので、最低限初年度の支払に充てる200万程度を用意して、月々の収入からやりくりする方法もあります。

    それを踏まえて積立で用意しておく金額を考えましょう。

    余裕を持って教育費に備えたいのであれば、お子さんが15歳の時点で400万程度あると安心かとは思います。

    15歳で払込期間が終了するように低解約返戻型終身保険で積み立てて、必要に応じて引き出すプランがおすすめです。

    低解約返戻金型終身保険とは…

    • 貯蓄性のある保険商品のひとつ
    • 払い込み期間が決まっている
    • 払い込み期間が満了する前に解約するとすんごい元本割れする
    • 払込期間終了後はいつ解約してもOK
    • 払込期間終了後も引き出さず寝かせておくことが出来る
    • 払込期間終了後は経過に応じてどんどん返戻率がUPする
    • 払込スタートから、解約または保険金受取が発生(死亡・高度障害)するまで、保障が続く

    ザクっというと、こんな感じです。

    低解約返戻型終身保険での保険金の受け取り方は2つあります。

    1. 死亡するか高度障害になって、保険料を受け取る
    2. 解約して、解約返戻金を受け取る

    死亡や高度障害で保険金がもらえたり払込が免除されて保障が続くことなどから、よく学資保険と比較されます。

    しじみ
    学資保険と低解約返戻型終身保険それぞれの説明も聞いたのですが、より自由度が高く教育費の準備が出来る低解約返戻型終身保険に気持ちが傾きました。

    オリックス生命の終身保険ライズを選ぶ際に考慮したメリット。

    • 保険以外で貯蓄を確保できた場合、取り崩さずにそのまま貯めておける
    • 学資保険と比較して被保険者の死亡保障額が高額

    しじみ

    15年間払い込む契約でオリックスのライズをスタートさせましたが、15年後にまだまとまったお金が必要なければ、そのまま寝かせておくことが出来ます。

    払込自体は終了しているので新たな費用は必要なく、お金が必要になるときまで放っておくだけ。

    それでお金が増えるのです…◎

    学費以外の用途にもお金を準備しやすい仕組みですね。

    例えば、20年後まで寝かせておくと払込額3,784,320円に対して解約返戻金は4,177,320円110.3%になります。

    そして被保険者(お金払う人)が亡くなってしまった場合、それ以降の支払がなくなるのが学資保険なのに対して、オリックスライズは払込免除ではなく死亡保障が支払われて契約が終わることになります。

    期間中の総支払額が3,784,320円で、死亡保障が600万円ですので、満額支払っていたとしても掛け金に対して160%近くの戻り率です。

    しじみ
    夫が亡くなることはまだまだ考えたくありませんが、保障としては心強いものです。

    オリックス生命の終身保険ライズを選ぶ際に考慮したデメリット。

    • 払込期間中の解約の元本割れ率がものすごく高い!!
    しじみ
    元本割れ率が高いからこそ、高額の保障が付けられるわけなので仕方のないことなのですが、払込期間中に解約すると払込金額に対してものすっごく減ってしまいます。


    例えば、初年度に解約すると払込額が252,288円に対して、返戻金が116,820円です。

    なんと払込額の46.3%に大きく元本割れしてしまいます。

    しじみ
    払込額を無理のない金額に設定する必要がありますね。

    オリックス生命 終身保険 RISE(ライズ) の加入内容。

    しじみ
    家族会議の結果、払込期間中がんばって支払い続けることにして、オリックス生命のライズを契約しました◎

    • 払い込み期間は15年間
    • 保険料は月払い21,024円
    • 特約なし
    • 死亡傷害補償は600万円

    子どもが15歳になるまで毎月2万円と少し、頑張ります!

    保険料は出来れば家計から出して、子供手当は別に貯めておければいいな…なんて考えています。

    しじみ
    子ども手当満額でおよそ200万円+オリックスライズ400万円で15歳までに合計600万円が目標です。

    教育費の相談におすすめなのは私も利用した保険見直し本舗!
    ↓↓こちらのボタンから公式サイトへ飛べます↓↓

    保険料は年払い?月払い?支払方法によって払込金額が変わります。

    そして保険関連では、支払方法によって、支払金額が変わるのはよくあることです。

    基本的にどこも、まとめて支払うと安くなりますよね。

    今回加入したRISEの場合でも、支払方法によってかなり差があります。

    今回私の加入しているケースだと、こんな感じです。

    オリックスのRISEは、半年払い、年払いに関しては、10万円を超えるとカードが使えません。

    参考サイト商品説明|オリックス生命

    月払いだと5万円以内でしたらカード利用がOKなので、この場合は月払いのみカード決済が可能になりました。

    我が家のメインはREXカードで1.5%還元なので、月払いでも56,764円分ポイントがたまります。

    そうなると、半年払いはメリットがなくなることになります。

    しじみ
    月払いか年払いかで検討することになりますね!

    そしてお得に見える年払いも、有事の際にはメリットがデメリットに反転しやすい側面があるかなーと思います。

    年払いで支払った直後に保険金受取事由が発生したらどうなるんだろう??なんて考えてしまいました。

    なので支払いは月払いにして、クレジットカードで決済することにしました。

    しじみ
    その後、REXカードの還元率が1.25%になってしまって、ポイントがちょっと貯まりにくくなっちゃいました~!

    我が家の教育資金準備のまとめ

    記事にした通り、15年間で400万円という金額は、強制力の強い方法で用意することにしました。

    だけどリスクを考えると、このほかにも資金を用意しておかなければいけないなと感じています。

    • ゆとりを持った家計の資金繰り
    • 流動性の高い預貯金の保持で、キャッシュフローに余力を持つ
    • 手元資金とのバランスを見て投資でふやす

    預貯金 投資 保険 の3つのバランスを見ながら、積み上げていきたいと思います。

    今のところ、預貯金はじわじわ積み上げてきていて、保険は昨年度でセットし終わったので、今後は投資にも資金を回していきたいです。

    結婚して3年目。

    • 1年目は、家計簿の習慣化で手元資金、預貯金の管理
    • 2年目は、必要な補償の洗い出しで保険のセット
    • 3年目は、投資に挑戦 ←いまココ

    って言いながら、保育園が始まったので、保育料で支出が増えて、しばらく貯蓄が停滞しそうな予感ーーーー!

    しじみ

    保険の見直しや新規加入は、FPさんとの相性も大切です。

    ネットである程度情報収集をして方向性や求めるもの、予算を固めたら積極的に複数のFPさんと相談して見積もりや説明を聞くことをおすすめします。

    見積もりを貰ったら、その場で決めずに一旦日にちを置いてじっくり考えて決定してくださいね。

    保険は高い買い物なので、慎重に検討していきましょう。

    私が実際に相談したのは、保険見直し本舗です。

    とても丁寧に説明してくれたので安心してお願いすることが出来ました。

    相談はもちろん無料で行えますので、相談してみてはいかがでしょうか。
    ↓↓こちらのボタンから公式サイトへ飛べます↓↓

    教育費の準備なら保険見直し本舗への相談がおすすめです!


    保険見直し本舗

    私も今見直し相談中の保険見直し本舗は取り扱い保険会社が断トツに多いです。

    今回こちらにお願いしたのはその点が決め手で、私が確認した時点で45社!!

    他の保険代理店や、紹介型サービスがおよそ20社程度のところが多い中でその選択肢の多さは圧倒的でした。

    相談はもちろん無料で行えますので、相談してみてはいかがでしょうか。
    ↓↓こちらのボタンから公式サイトへ飛べます↓↓

    しじみ

    教育費の準備は、家計状況とのバランスが重要です!

    無理して保険に加入して、支払いで毎月苦しくなるのはよくありません…。

    家計のお金の全体感をしっかり見通して検討する必要がありますので、保険相談窓口も活用してみてくださいね。

     

    それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    子どもの教育費の不安がクリアになることをお祈りしています!

    おすすめの記事