1歳4月から保育園に通うことになった我が家の息子なのですが、保育園に通い始めると体調を崩すって本当でした!

大抵の子が鼻水をたらしているので、そりゃあ風邪もうつるよねー…という状況なんです。

ほんと、発熱しているかいないかで、鼻水と咳くらいだと登園しているので、きっと誰かしらは風邪で常にお休みの子がいるような状態なのだと思います。

そして体調を崩すのは子どもだけでなく…ママも崩します、っていうかわたし。

入園したての1歳4月に登園できたのは14日間でした!

4月17日の週はまるまる1週間お休みして、その後4日間登園しての27日帰宅後に再び発熱でしたので、このような登園状況になりました。

ちなみにわたしのインフルは19日~22日あたりがピーク症状だったので、ちょうど息子も体調が悪くお休みしていて送り迎えの気を揉まずにすみました!

そんな訳でならし保育や入園式を抜かせば、通常の1日保育が出来たのは、10日間でしたと結構頑張って登園したのではないかと思っています。

保育園が始まってからの授乳ライフはこうなりました。

おっぱいに関しては本当もう悩みが尽きることなくに1年超これまでやってきたわけですが、開き直っておっぱい大好きのまま、授乳回数も減らすことなく保育園生活をスタートさせました。

保育園のある日の授乳スケジュールはこんな感じ。

  • 寝ながらおっぱい(添い乳)
  • 起きておっぱい
  • 保育園から帰ってきておっぱい
  • お風呂上りにもおっぱい
  • 寝る前にもおっぱい
  • 夜泣きしてもおっぱい

一緒に居るときは好きなだけ飲ませているような状態です。

周りにもまだまだ授乳中でまったく卒乳しそうにないって公言して開き直っておっぱいライフを続けています。

保育園に通い始めてからの離乳食の進捗状況。

ごはんは食べることは食べるのですが、相変わらず偏食で炭水化物ばかりを好んで食べていています。

  • うどん
  • バナナ
  • おかゆ
  • パン

これしか食べられるものがありませんので、保育園での給食が不安でたまりませんでしたが、これに関しては、悩まずにやってみてから考えればよかった!ってくらい、給食だとあっさりと食べたという結果でした。

それなりに偏食はするものの、彼なりに食べられるものを食べているようです。

問題は発生してから悩めばよしということを身をもって学べましたが、おっぱいなければ食べられるってことでしょうか。

夜間も何度か起きておっぱいを探すので、添い乳継続中です。

夜間の授乳や添い乳をやめてはいませんが、夜泣きも最近落ち着いてきました。

ピーク時は1時間~2時間毎に起こされていたのですが、最近は1回~2回ほどになり、0時付近と、4時付近に目を覚まして泣き出し、おっぱいを探します。

それでも先日に至っては8カ月ぶりくらいに朝まで起きないという夜泣きなしの日がありました。

あれこれせずとも時間は経過して、環境も変化して、本人も成長しているんだなーと思う次第です。

夜泣き真っ最中はほんと辛いし夜間断乳とかも頭をよぎりまくりましたけれど、やめるにも体力と気力が必要です。

それに環境が変わるタイミングでおっぱいまでやめるということが子どもにとってものすごく負担になるのではないかと思って、夜泣きがあっても授乳や添い乳を続けるという選択をして過ごしています。

超絶おっぱい党のわが子が断乳せずに登園開始して感じたメリット。

文句言いながら涙流しながら悩みながら続けてきた授乳ですが、がんばってきてよかったーっていうメリットをいくつか感じることができましたので紹介します。

  • 子どもの体温がわかる
  • 授乳のふれあいの中で体調の良し悪しが結構わかる
  • 思う存分ひっついて仲良し
  • 下痢やおう吐、高熱などの時でも授乳は受け付けてくれる

まずおっぱいをあげている時に、息子の口の中の温度や、抱いたときの体温なんかで様子がわかりやすいです。

そして息子の場合おっぱいに執着してくる様子が強かったりすると、体調不良くるな!っていうサインなので、その点も気づきやすかったのは助かりました。

昨日も元気に帰ってきたは帰ってきたのですが、帰宅後のおっぱいタイムで何か怪しさを感じ、早々に寝る支度を整えて、添い乳で寝かしつけました。

その時にもおっぱいにやたらひっつくし、これはなんかもう様子おかしいなと思った次第です。

寝付いてから検温すると、38.4度。

そこからどんどん上がって39.4度。

腕枕と添い乳で様子を見ながら寝かせ、体温上昇中は寒いだろうから暖かくさせて、汗にかわって熱が発散するのを待ちます。

汗をかいて来たら、授乳で水分補給をしつつ、引き続き様子を見て、朝には37度の平熱まで戻りました。

本当、水分補給が容易なのは助かります。

そんなこんなで一晩で解熱こそしたものの、朝になって鼻からのどに落ちた鼻水や痰のようなネトネトした嘔吐物も見られたので、今日は保育園もお休みして自宅でゆっくりです。

保育園に通い始めて1か月が経過したまとめ。

  • 体調不良は想像以上
  • 保育園が始まって体調を崩すのは子供だけじゃない
  • 入園に向けておっぱいをやめる必要はなし
  • 離乳食が進んでいなくても園と相談しながら進められるから大丈夫
  • 保育士さんすごい

以上が一か月保育園に通ってみての感想になります、それでは!

おすすめの記事