妊娠時の不安だったことに、産後の生活の生活費がありました。

きっと出産したら育児用品や消耗品、水道光熱費が上がるだろうけど、実際どのくらいあがるんだろうと見通しの立たない生活費にドキドキしていました。

実際の家計簿を比較してみました。

出産前後の家計の比較!前年の同月の半年間を比較してみた。

ef48c740f44c4791a0edb8fab6934ddd_m

月ごとだとかなりばらつきが出てしまうので、半年間の平均額で比較してみることにしました。

  • 産前 2015年2月~7月の半年間
  • 産後 2016年2月~7月の半年間

出産は16年2月の月初でしたので、2月からの生後半年分とその同月半年間分の比較になります。

2015-2016hikaku

トータルで見たら、前年比98.9%なので、トントンでした。

【出費が上がったもの】

  • 医療費 (595.9%)
  • 日用品費 (515.6%)
  • すいどう (150.7%)
  • ガス (125.1%)
  • でんき (124.5%)

医療費と、日用品費が群を抜いて上昇傾向なのですが、日用品費には、大物ベビー用品が含まれるからです。

我が家では、日用品は消えものではないものを入れているので、ベビーラックや抱っこひもなどがここに計上されています。

さらに室内干し強化の為に物干しラックを買ったりいろいろ出費が落ち着きません。

医療費も、産後の体調不良がじわじわ効いていたり、母乳外来で4,000円/回の出費、子どもの自費ワクチンなどがあります。

元々医療費がほぼかからない家庭だったので、前年比でみると大きく見えますね。

【出費が下がったもの】

  • 夫のお小遣い (43.8%)
  • 交際費 (55.8%)
  • 食費雑費 (72.0%)
  • ちわわ (66.2%)
  • 妻の小遣い (75.5%)
  • 交通費 (89.8%)
  • ローン (95.4%)
  • 通信費 (96.6%)

夫!!

そもそもお金あんまり使わない人ですし、お小遣い制はありませんので、自由に使ってもらってる結果なんですけど、夫!!

ジム通いも子育ての為に退会し、出費が減っています。

ちなみに交際費も、夫の職場系の枠で作ってあるのですが、飲みを断りまくって最低限のオフィシャルなものしか参加していないので、ここも連動してダウンです。

食費雑費については、おむつやおしりふきなどの日用消耗品が計上されていますが、外食が格段に減り(減ったっていうか、行けない)、前年を下回る結果になっています。

また、母乳育児なのでミルク代はなし、その分医療費に母乳外来費用が乗っかっている感じになります。

わんこ費は、固定費はかかっていますが、ハウスなどの住居スペースの変更が落ち着いたので、えさ、トリミング、ワクチンの基本出費で済んでいる状態です。

基本出費で済んでもなんやかんや1か月で15,000円近いんですけど。

妻の小遣いね、妻の小遣い…これはいいわけすると、産前に関してはマタニティ用の下着、洋服、妊娠線用のクリーム(出来たけどね…)、葉酸サプリ、骨盤ベルト、冷え対策用品やらが入ってるんで結構毎回値段はねてます、ごめんなさい夫!

しかも前年は家計簿に出費額はつけてたけど、用途書いてないので、あまりの自分のお金の使いっぷりに今年は家計簿に用途の欄を設けて反省をしました。

要らなかったな…と思うものを赤字にして、反省している次第です、くーーー、妊娠、育児中のストレスめ!

産後は産後で授乳トップスとか、授乳キャミとか、サプリは継続だったり、骨盤矯正とか、産後ヨガの回数券とか、授乳しやすいように前あきのブラウス買っちゃったりとか、骨盤開いたし傷口痛くて産前のボトム捌けなくて買い直したりうんぬんかんぬん…でも産前より減少傾向です…赤字の反省が少しは活きているのでしょうか。

交通費は、主にカーシェア&レンタカー費用なのですが、これもしばらくお出かけが出来なかったのでダウンです。

でもここは、生後半年以降、両実家へ遊びに行くことが増えたので、次の半年では上昇に転じるでしょう。

ローンはマイナス金利での見直しが入って、5,000円くらい安くなった為です。

通信費は特にコメントないです、ドコモひかりへの切り替えとかなんとかで毎度ガタガタかわってちょっとイライラしてた記憶はあります。

通信費がらみってなんか悪意を感じる位複雑に思える。

今後の見通し

437c5d06bf4b15314fb0d8e69f1c7b81_m

  • 2016年8月から、夫婦そろって医療保険へ加入し、主人の収入保障にも加入し、さらに息子の学費の積み立てを低解約返戻金型終身保険で始めたので出費が増えます。
  • 息子が出かけられるようになって、外食やカーシェアの利用が増えました。
  • 実家から車を貰えることになり、2016年11月からカーシェアを卒業してマイカーになります。

次の半年は結構上昇要因が見込めています。

まとめ

290a66e2aacb42cc2cffc5cec1249720_m

わたしのお小遣いと、日用品がキモ。

未就園児のうちに、幼稚園費用貯めとかなきゃなと思うので、がんばります。

以上、浪費癖のあるファイナンシャル・プランニング技能士(2級)の家計簿でした。

ちなみに出産費用は特別出費扱いなので、別枠管理になっています。

そしてやはり、水道光熱費はがつっと上がりますねー。

なれない沐浴でじゃばじゃばお湯使ったり、空調は犬がいるので、出産前からエアコンが常にかかってるんですけど、いつもより設定温度を快適にしたり、浴室の予備暖房、増える洗濯物、などなど、っていうところでしょうか。

水道光熱費は節約する予定はないので、このまま使っていくと思います。

お小遣いに関してもあんまり我慢しても味気ないしねーというタイプなので、支出の確認をしながら貯める額は抑えつつ、きっとこれからも使ってしまいそうです。

おすすめの記事