こんにちは、しじみです!

私は偏頭痛の治療の為に、朝晩2回の服薬をしています。

なのですが…よく『飲んだっけ?』『飲んでないっけ?』という状態になりがち。

30歳そこそこでこれです。

高齢者の方や、服用するお薬の種類の多い方などは本当に管理が大変なのではないかと思います。

日本の抱える残薬問題は身近な上に深刻ですね。

参考サイト第50回 高齢者が飲み残す「残薬」が約500億円!? 高齢者まかせの服薬管理では、今後も“ムダ”を生むばかり?

こういったケースに対しての打ち手はまだまだ考えていく必要がある部分だとは思いますが、今回はまだ自己管理でいける方向けに手っ取り早いサプリケースでの対応をおすすめします。

と、いいますのも。

先日私が購入したサプリケースがすごく良かったというか、もうそのまま狙い通りさっくりと飲み忘れだとか、飲んだかどうだかわからないっていう事が解決出来てひとつ悩み(?)が減ったので、日常的にお薬やサプリを服用する方はぜひともサプリケースで飲み忘れや重複がないようにしていただけたらと思います。

一週間入れられて色分けされてるサプリケースで飲み忘れ解決!

本当面倒くさがらずにさっさと導入すればよかった。

薬の管理ストレスなくなります。

しじみ
日曜日に一週間分をセットするのですが、その時に薬がそろそろなくなりそうだなっていうのも把握できて受診のタイミングもはかりやすくなったし、初期費用で数百円はかかるけど個人的にはメリットだらけです。

1日1回×1週間のお薬ケース

わたしの購入したのはコレ。
画像はクリアですが、ブルーもあるので2つ購入して朝用夜用に分かれています。

1日2回×1週間のお薬ケース

シンプルな1日2回のお薬ケース。

1日3回×1週間のお薬ケース

1日4回×1週間のお薬ケース

これは1日4回のタイプ。
W17×D23.5×H2.5cmとサイズは大き目なので持ち運びというよりは家用?
いや、薄さが2.5cmだからタブレット持っていくと思えば持ち運びもいけるかも。

こちらだと一日分ずつパコっと取り外せるので、上で紹介したものよりは持ち運び向きかもしれません。

これは色味がかわいい!

ピルケースを選ぶ時のポイントはクリア素材で中が見えるかどうか。

使ってみて思ったのは、クリアで中身がすぐ見えるものの方がいいと思います。

いちいちパカパカあけて入ってるか入ってないか確認するのは手間なので、外からパッと見て飲んだか飲んでいないかわかることって結構重要でした!

残薬問題まとめ:出来る人が出来るところからコツコツと。

まずは自分自身のお薬の管理をすることが第一です!

そしてこのブログだと子育て世代のママさんがご覧になっていることが多いかと思いますので、ご両親がなんらかのお薬を服用しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私の実母も実父もやはり、持病でお薬を飲んでいます。

両親や身近なひとのお薬の管理は大丈夫ですか?

少し気にかけてちょっとした行動をするだけで、飲み忘れや重複服用のリスクなどから身近な人を守ることが出来ます。

ぜひぜひお薬ケースを活用してみてくださいねー!

それでは!

おすすめの記事