我が家では一か月検診の時に赤ちゃんのおしりがおむつかぶれを起こしてしまいました。

その時小児科医の先生に受けた指導はなんと『おしりふきの使用禁止』

しじみ
毎回浴室に連れて行って流すにも排泄はまだまだ頻回な月齢ですし、おしりふき禁止を言い渡されて四苦八苦したのですが、そんな中で試行錯誤して落ち着いたおすすめの方法をまとめます。

1か月検診時におむつかぶれでおしりふきの使用を禁じられた。

一か月検診で子どもの様子を見てもらった時に、結構いろんな場所を指摘されてしまった私。

  • わきの下がうまく洗えていなくて垢が溜まっているよ!
  • おしりがかぶれ始めているから治るまでおしりふきの使用禁止!

わきの下は、バスマットを使って洗うことで解消したけど、おしりふきの使用禁止は正直キツイ。

沐浴が本当に苦手だった私がなんとかお風呂に入れていた方法は新生児の沐浴が苦手なわたしがひとりでお風呂に入れるときの対策と方法。にまとめてあるので、こちらはこちらで良かったらどうぞ!

そんでもっておしりふきの話に戻るけど、おしりふきの使用禁止って言う方は簡単だけど実際おむつ替えの度に浴室行くのって厳しすぎる

わが子の皮膚の為なら惜しむべき手間ではないのかもしれないけれど。

そこで我が家がとった対応はこちら。

バケツでおしりふきをびちゃびちゃにしてこすらずたっぷりのぬるま湯で拭く。

やり方はかんたん。

  1. ポットに用意してあるお湯をバケツに注ぐ
  2. 適温になるように水道水を加える
  3. おしりふきをチャプン
  4. 超絶ウェット感のあるあったかおしりふきの誕生

これだけなんです、最初は霧吹きに温かいお湯を入れてシュッシュして流していたんですけど、腱鞘炎で霧吹きのレバー引けなくなっちゃったんですよね…。

自分の役立たずぶりには落ち込みました…霧吹きすら使えないとは何事かと。

腱鞘炎の体験記はこちら→【産後の腱鞘炎】抱っこのし過ぎで手首が痛い!私が回復するまでの体験談。

なのでびっちゃびちゃのおしりふきを用意して、おしりふきが含んだ水分を絞って出てくるぬるま湯でおしりを洗い流しながらポンポンと拭くようにしたんです。

霧吹きウォーマーやおしりふきウォーマーの代替えにもおすすめ、安上がりな上にあったかいおしりふきがすぐ作れて、優しく拭けますよ!

電気代もほぼかかりませんし、コスパ最高。

しじみ

ちなみに保温ポットでいれている理由は、毎回水道からお湯を出すとお湯が出るまでの水が無駄になるし、ガス代も上がってしまったからです。

熱湯をポットに用意して水を加えて温度調整する方法が一番コスパ良いです◎

うちんちはサーモス使用です!

入院中はこれにルイボスティーをつくって飲んでました。

たっぷり水分でおしりふきをする時には、ペット用シーツも使える。

我が家のおむつ替えマットはペットシーツです。

汚れちゃったら都度取り換えられて衛生的ですし、吸水力も消臭力もそりゃあもう抜群。

びちゃびちゃにしたおしりふきをつかう時、綿棒浣腸でおしりをこちょこちょする時なんかはペットシーツを敷いていました。

特にうんちが背中もれしたときの一次退避地としては最高です。

うんちが背中もれしてるわが子をとりあえずどうしようか悩んだことはありませんか?

私はありますよ。

ペットシーツ広げてそこに寝かせて拭き取ったりおむつ替えればオケです、大丈夫です。

サイズ的にはワイドがおすすめです、我が家はワンコズがいるので彼らのものを頂きましたが、ペットを飼っていなくても買う価値はあると思います。

そんなに高いものじゃないしおすすめします。

寒い時期、秋冬におすすめのおしりふき方をぜひ試してみてくださいね。

特別用意するものもないので試しやすいですし、おしりふきウォーマーや、霧吹きウォーマーを買おうか悩んで検討している方はやってみてくださいね。

わざわざこれだけのことを記事にするのも気が引ける内容なのですが、我が家はこのおしりふき方法を試してからはめっきりおしりふきウォーマーの出番がなくなってしまうほどの方法だったのでまとめてみました。

おしりふきウォーマーは借りものだったのでお財布が痛まず済んだのは幸いでした。

ウォーマー使うとおしりふきの水分飛んじゃいますし、これでよかったと思っています。

それからペットシーツなかったら使用済みおむつに水気が落ちるようにしても大丈夫ですし、工夫とスキル次第で如何様にも対応できると思います。

使用済みおむつに水気を落とす場合ちょっとテクニックが必要になるのと、うんちだった場合は更に上級コースで難しいことになったりすることもありますが、育児中であれば場数でカバーできます。

おむつ替えスキルは日々向上するので体が適応していきます(たぶん)。

そしてこの方法で無事におしりかぶれも落ち着いたのですが、かぶれが落ち着いてからも寒い季節の秋冬や春先までずーっとこの方法でおしりふきをしていました◎

手軽だしおしりかぶれもしにくくなったし、寒いうちは特に辞める理由もなくて。

しじみ

おしりかぶれに関しては、小児科や皮膚科で相談して軟膏を貰ってくださいね。

優しいおしりふき+軟膏でひどくならないうちに対応しましょう。

みなさまも素敵なおむつ替えタイムをお過ごしくださーい!

それでは!

おすすめの記事