スポンサーリンク

【1歳5月は何日いけたかな】体調不良+ゴールデンウィークで保育園を19日間休んだらおっぱいっ子に逆戻りした!

一人で子育てしない為に

今回の長丁場な体調不良も落ち着き、保育園への登園が再開できました!

それにしても、具合の悪いときの息子のおっぱいへの執着はすごかったです、1歳3か月の病児はおっぱい大好きすぎました。

大好きというか、具合が悪すぎてそれしか受け付けなかったっていうのもあるかとは思いますが、おっぱい吸われ過ぎてもげちゃいそうです。

スポンサーリンク

この度の体調不良の結果怒涛の19連休という事態になっていました。

5月の保育園登園カレンダー

見ての通りの長期休暇ぶりです、4月28日~16日まで休みですよ、19日間ってどういうことなのでしょうか、なんか重大な疾患なの?入院とか手術とかしたの?みたいな休みっぷりです。

【GWは1歳息子と一緒に母子感染で共倒れ】胃腸風邪で39度越え+嘔吐+下痢で泣けた。
季節外れのインフルエンザに罹った後に気管支炎になって、それがやっとのこと落ち着いて、体調が回復してきた矢先の出来事でした。 そもそも4月にインフルA型とかなるんだって感じですし、1シーズンに2回目な上にこじらせちゃって...

体調を崩すと、とにかくおっぱいをよこせという息子。

生粋の母乳育ちの息子はこの度長らく体調を崩し続けた結果、もうほんとおっぱいの要求が激しくなってしまったのです。

月齢が2か月~3か月のころに戻ったんじゃないかって言うくらいの頻回授乳。

頻回授乳自体はしんどいのですが、今回の体調不良に関しては母子共倒れだったので、私もしんどい時はおっぱいさえ差し出して置けばごまかせる点では助かった部分もありました。

ぱいぱいはあげるから横にならせてくれという交渉の成立度は高めです。

それに知恵もついたし行動力もあるので、ぐずぐず言いながら勝手に飲みに来るのでセルフミルクバーです、母は具合悪すぎて横たわったままでした。

スポンサーリンク

その結果おっぱいファクトリーは需要に合わせて供給量をがっつりUPさせてきた。

保育園もはじまり、1歳も過ぎて偏食しつつもどうにか食事も摂れるようになった息子。

母乳過多気味で苦しんだ私も、ようやく落ち着いてしこりや痛いほどの張り、朝起きるとあふれる母乳で服びしょびしょみたいな惨劇は過去の物になっていました。

過多気味で痛すぎる母乳育児中の悩みと実際にしたケアのまとめ。
授乳って穏やかで幸せそうなイメージだったのに、実際には想像をはるかに上回る困難さ。 ちゅぴ子 授乳の度に痛みで涙を流し、噛まれては叫び、なんて大げさだと思いますよね。 その周囲の認識とのギャップがまたつらいんで...
【母乳育児中のおっぱいトラブル】乳腺が詰まってチクチク痛い!グリグリしこりと戦った記録。
ちゅぴ子 やっぱり体調を崩しているときには、乳腺が詰まりやすくなるような傾向が見て取れます。 今回は風邪をひいて、病院を受診したタイミングでした。 普段は平気なはずの軽い風邪も授乳中にはおっぱいトラブルに...

おっぱいもへにゃーんと柔らかく、すっかり量も減ったのかな、っていうかまだ出てるんだろうか。

もう止まったんじゃないかと疑うほどの状態だったのですが、とんでもない。

2週間以上母乳を頻繁にあげ続けたのち保育園に預けたら、おっぱいがガチガチに張ってしまい、乳腺炎の恐怖が頭をかすめました。

せっかく体調が回復傾向なのにこの後間髪入れずに乳腺炎とか嫌すぎる。

搾乳したら、余計母乳量が増えるかなとおびえながら搾乳器を引っ張り出しました。

しまい込んでいたピジョンの電動さく乳器の出番です。

もう使うことはないかと思っていたけど、母乳育児を続けていると意外と必要な期間は長いものですね。

搾乳すると母乳量が増えてしまう、という話も聞きますが、もうガチガチすぎて、手では痛くて搾れないし、息子が帰宅後飲んでもらおうにも、張りすぎて咥えられないな…というレベルだったので、圧抜きするにも搾乳器で少し絞った方がいいような状態でした。

搾りすぎなければ大丈夫だろうということで、圧抜き程度に使うことにしました。

なにより、不器用なのか手搾りがどうも苦手なんですよね。

沿い乳で6時ごろに授乳したのを最後に、15時半まで触らずにいたおっぱいはもうガチガチだったので、両乳で100mlほど搾乳して、落ち着けました。

しこりになりかかっていた部分を、押さえて圧をかけながら搾乳します。

バツンバツンに張ったおっぱいの様子を確認すると、早くも左乳の外側がゴリゴリとしこりになりはじめていました。

まずは乳房をゆさゆさゆするようにして、中に溜まった母乳を動かします。

その後に、しこり部分を外側から内側に向かって軽く押して、圧をかけるようにしながら搾乳器で搾っていきます。

ピジョンの搾乳器は、レベルを調節できますが、1番目か2番目の弱めの圧で使用しています。

あんまりギューギューに絞っても痛いので。

しこりになると母乳が乳房の中で変な風に固まって詰まってる状態なので、熱とか炎症とかがなければ、手で軽くゆすったり圧をかけながら搾乳すると、しこりがとれやすいです。

久しぶりに搾乳したので、ずいぶん色も白っぽく薄くなって、脂肪分も減ったような母乳にびっくりしました。

母乳って子どもの成長に合わせて成分が変わるみたいですね。

参考サイト「母乳の栄養はなくなっていく」という根拠のないウワサ|赤ちゃんの部屋

スポンサーリンク

おっぱいとの付き合いも、だいぶ慣れた気がします。

わたしが育児をする上での密接なパートナーであるマイおっぱい。

うまくいかないことだらけだったけれど、1年以上も一緒に息子を育ててきて、どうにかこうにか上手に付き合えてきたんじゃないかと思います。

しこりになったり、流血したり、乳腺炎ももちろんやりました。

出産もきつかったけど、母乳育児もきつかった。

でも助けられた部分も多いのです。

なかなか我の強いパートナー(乳)ですが、なんとか足並みがそろってきたのかなーと思います。

母乳で育った子は体調を崩しにくいとかうそじゃんガセじゃん、と思うくらい体調は安定しませんし、久々に母乳の生産量をUPさせてみて思うことは、やっぱり母乳を大量に作ると疲労感半端ないし、お腹がものすごくすいたりします。

メリットとかデメリットとか、いいとか悪いとかもよくわからないけれど、おっぱいとの付き合い方はいろいろあって、私はこのブログに記したようなお付き合いをしてきたんだなーって思うと、なんだか感慨深いです。

そしてまだしばらく、このパートナーと息子を育てていく事になりそうです。

息子がぱいぱいバイバイするまで、今しばらく一緒にがんばろうね、おっぱいさん!

それではまた。

にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
いぬツインズ
いぬツインズ
関連ブログ探し行く?
スポンサーリンク
一人で子育てしない為に
ちゅぴをフォローする
スポンサーリンク
hug-log.com