こんばんは、最近更新滞ってましたしじみです、元気にしてます!

そして突然ですが、パート求人に応募しました。

今現在私は、在宅でのバックオフィス支援業務が主な収入源なのですが、なんでしょうね、何だか常に不安なんです。

家計簿もつけていて、とりわけそんなに危機感持って働かなくちゃみたいな状況でもないのですが、働きたいっていう欲求が常にふつふつしています。

現在の業務に何かあったら、なんて妙な不安を感じたりしています。

今請け負ってるバックオフィス支援業務がなくなったらー…とか。

せっかく入園することの出来た保育園、息子も楽しんで通っているから、母の失業で退園とか悲しいです。

しじみ
【後日談】何か虫の知らせを感じていたのでしょうか、その後組織変更で本当に仕事なくなりました!

会社の組織変更で仕事がなくなった!子育てしながら働くことって難しいし求職しても採用されない、そんな私が取った行動。

求人情報リサーチはもはや趣味。

  • 求人情報
  • 路線図
  • 間取り図
  • グーグルマップ

これらが大好きです。

そこからいろいろな妄想が膨らむからだと思います、脳内トラベラーです。

そんなわけで、求人情報も日々読み漁ります、ネットでも見ますし、新聞の折り込み系も大好きです。
主婦歓迎のバイト情報
はたらこママ派遣

最近では主婦向けの求人情報をリサーチしながらも、「やっぱり外にガッツリはたらきに出るのは、難しいよなー…」なんて思う日々。

子どもやペットのお世話が私の今の基幹業務です。

それに夫が急に有休がとれた時に、家族で一緒に遊ぶ時間も外せません。

残業しまくり社畜の企業戦士だった時の自分から見れば、今の私のスタンスは完全にディスる対象です。

白い目で見ます、仕事バカにしてんの?って。

あんまりの振れ幅に、自分の中でも葛藤はありました。

ガリガリ消耗しながら働くことが正だとずっと信じて疑わなかったから。

そしてそうじゃないと落ち着かなかったから。

ブラック企業が欲しがる人材に見事に育っていたわけですね。

家族の時間が大事!だけど仕事もしたい!

今はこれが本音です。

でも言ってるだけじゃ始まらないので、可能性を探るために求人情報リサーチがやめられないのでしょうね。

夫が休む日は全部合わせて休みたいし、子どもの熱が出たらかけつけたいし、側に居たい。

ペットも長時間留守番させたくない。

それでも何か働きたい、外に出たい、社会とつながりたい。

欲張ってますねー!

でも欲張るのも悪いことじゃないんじゃないかと思います。

できない、やらない理由を見つけてぐちぐち言ってるよりは、欲張って挑戦してみる方が楽しいので、そっちを選択することにしています。

でも、子どもがもう少し大きくなったらの方がいいかな。

なんて言っても、大きくなったらなったでその時々でいくらでも腰が重くなる理由を挙げ連ねる自信があるので、タラレバは排除することにしています。

タラレバしてるとタイミングもチャンスも逃す一方な気がするので、できない理由、やらない理由、尻込みする理由が浮かんでも、よっぽど自分自身に無理が生じたり、誰かに迷惑を掛けてしまうことが明白だったりとかでなければスルーすることにしています。

今回も、「今仕事のボリュームを増やさなくたって、もう少し子供が成長してから…」って、正直思いました。

でも子供が成長したら、第二子とご縁があるかもしれないし、ワンコの体調がすぐれない、親の体調がすぐれないとか、そういう可能性だってあります。

先のことは分からないから、今目の前のある物事以外を懸念することは正直無駄だなーって思いました。

そういうわけで、よっぽど自分自身に無理が生じるとか、誰かに迷惑をかけたりするとかではなさそうなので、目についたパート求人に応募してみることにしたのです。

いつものようにネットでの求人情報パトロール中に見つけた、育児中のママ歓迎の案件でした。

時間とお休みの面の条件が希望通りで、業務内容も興味のあるものだったんです。

そして子育て中のママ歓迎で、子どもの急な発熱でのお休みもOKという記載がありました。

求人情報の内容と実際の内容での相違もないこともないのかもしれませんが、とーーーっても気になってしまったので、思い切って応募してみたのです。

久しぶりに履歴書や職務経歴書を作成しました。

一週間以内に書類選考の結果が出るようなので、ドキドキしながら待っているところです。

ただ、条件面が本当に良いので、倍率は高いだろうなー、書類落ちかな、いくら子育てママ歓迎でも、1歳児のママはだめかななんて色々考えています。

考えたって仕方のないことだし、採用も不採用も応募先の企業の決めることなので、正直に応募書類を作成しました。

明らかに不採用なのに、面接に進むのはお互いに時間と労力のロスですものね。

でもなんだか、外にはたらきに出ようと応募するだけでしゃんとした気持ちになりました。

社会に出ようとするって背筋が伸びます。

もう消耗しながら働くようなことはしたくないけど、こういうパリッとした気持ちもいいなーなんて思いました。

在宅ワークやってるとパリッとする瞬間ほんとに少ないですからね。

来週中に祈られたか面接に進めたか、ご報告の記事を書きたいと思います。

それではまた!

おすすめの記事