ちょっと興味を持ったライティングのお仕事。

でも私、たんたんとキーワードに沿ってリサーチして執筆することには向いていないのかも、と思うに至りました。

「文字を書く」っていう仕事の中にもいろいろな種類があるんですね。

キーワードが決まっていて、リサーチして執筆するライティング。

WEBライターってどんな仕事かなと言ったら、キーワードや大まかな内容が決まっていて、

それに対してリサーチをして文章にまとめていくようなお仕事です。

リサーチも好き、文字を書くのも好き。

でも私はこのWEBライターというお仕事、楽しめないな、仕事にはできないな、と感じるに至りました。

リサーチも執筆も好きだけれど、私の好みはもっと局所的だったんです…。

メリットを見つけておすすめする文言を考えるのが好きだった!

私のキャリアをたどってみると…。

確かにパソコンは好き、執筆作業も好き。

そしてなにより、モノやコトをすすめるのが好き…!

このブログにもモロだしなんですけど、気に入ったものとか体験談はどれだけでも語れちゃう。

10年以上やってるアパレルも、それなんです。

そしてそんな中でも、すべての人に自分の好みや価値観が当てはまるわけではないことも経験しています。

どんなものでも、どんなサービスでも、

手にする人が変わればメリットになり得る部分が変わるんですよね。

なので、こういう人にメリットを伝えたい場合はどう表現すればいいんだろう?

そういう思考が好きなんだって気が付きました。

自分のプレゼン好きを自覚しました。

同じブログ執筆業務でも広報とライターは似て非なるもの。

私が今ノリノリでお仕事を頂いている案件は、ブログ執筆でも広報色の強いもの。

その会社のいいところ、サービスの特色、提供できるもの、と発展させて執筆をしていきます。

こういう内容を書きたいので、こういう画像や資料をください、といった様子です。

もちろん執筆作業でもあるんですが、キーワードや内容が決まっていて、というライティングとはまた異なりますね。

私はプレゼンターなんだと思います。

私はプレゼンターとしての活動をします。

横文字にしてみたけれど、広報業務がやっぱりしっくりくる!

そんな訳で、企業や団体、サービスをプレゼンしていくようなお仕事はご縁があれば受けつつ、ブログで好き勝手書いているのが幸せなんだろうなーという着地でした。

何事にしても好きなこと、得意なこと、やりたいと思えることっていうのは、大切ですね。

メリットをピックアップするスキルと、それを人に伝えるスキル。

もちろんそれを伝えるためには、キーワードのピックアップや付随するリサーチも必要だと思います。

でも伝えたいことありきでそれを行うのは楽しいんです。

楽しいと思えることは大切に育てていきたいと思います。

いずれにしてもブログって本当に勉強にもなるし面白いですね。

伝えたい内容を文書にするのってやっぱり難しくて、話し言葉と全然違う。

この話し言葉と違う、リアクションや相槌が見えない状況で文字や画像で一方的に綴るわけなので、

対面とはまた違った難しさを感じます。

でもやらないよりはやった方が上達するのだと思うので、

試行錯誤しながらいろいろ表現してみるのがいいのかなと思っています。

最近在宅ワークや副業としても注目されるWEBライター。

パソコン・スマホがあれば初心者でも!という参入障壁の低さは魅力的ですが、

「文字を書く」という仕事の中にはものすごく幅があるのだなと感じました。

自分のことを棚卸するのは大切ですね。

それでは本日もお読みいただきありがとうございました◎

おすすめの記事