こんにちは、じみしです。

便利なお掃除ツールのクイックルワイパー、我が家は伸びるタイプを使っています。

一時ダスキンも使ったことがあるのですが、回収時にあわてて掃除するルーティンが残念でダスキンの利用を見合わせた過去があります。

でもやっぱりホコリをとるときに何かモップ系が必要だってことで、

いきついたのは定番のクイックル。

この伸縮するタイプを愛用しています。

クイックルワイパー伸び縮みタイプの収納問題。

出典:ダスキン

ダスキンはスタイリッシュなケースがついていますが、

クイックルワイパーにはありません。

なんかちょうどいいやつないかなーと思ってダイソーに探しに行きました。

ダイソーの片栗粉ケースでクイックルワイパーハンディは自立する。

収まりよくってコンパクトで結構具合よかったので、こんな感じになりました。

これに無印のBOXとか組み合わせて、ストック分のホサホサと一緒においておいたら恐らくいい感じです。

無印は次の良品週間まであたためるとして、

とりあえずクイックルワイパーハンディが立ちました。

立てておけるだけで結構便利なんですよねー。

みんなこれどうしてるんだろう?

吊るす?

立てる?

寝かせて置いておく?

ネットで見ると、結構立てて置いておく派が多そうですね。

セリアとか無印とかもっとおしゃれなスタンドケースもあるようですが、我が家はとりあえずダイソーの片栗粉ケースに収めました。

軽くてコンパクトなので鞘のように持ち運んでます。

安くてかさばらないケースを探しているならおすすめです。

このままサクっと置いておくにはスケルトン過ぎる気がする片栗粉ケースですが、

その他ケースにINする場合や目につかない場所においておく場合なんかは必要以上にかさばらないこのケース、結構使えるのではないかと思います。

とか言いながら、我が家はこのままサクっとおいてあります。

クイックルワイパー、真っ白なカラーリングは出ないのでしょうか。

ムラサキがどうもフリーザみたいで、80年代生まれ夫婦の我が家ではこのクイックルワイパーハンディの通称が「フリーザ棒」です。

さてさて、大掃除シーズンも目前なので、ちょこちょこ掃除をしていけるようにがんばります!

おすすめの記事