先日インフルエンザで見送ったパートの面接ですが、その後日を改めて頂き無事に採用を頂くことが出来ました。

今回採用してくださったのは、アパレル企業さんです。

店頭で販売員としてお仕事をすることになりました。

しじみ
採用して頂けたことが本当に有難いですし、素直に嬉しいです!

主婦歓迎の仕事を受けても不採用の連続でした。

産後これまでいくつかのお仕事に応募したり、エントリーボタンを押したり、何か働きに出る切っ掛けを探していました。

でもどこもかしこも不採用、不採用…、主婦歓迎案件を選んで応募していたとはいえ、難しいんだなっていうのが体感です。

一度は外で働くことを諦めて専業個人事業主という道を選択したことも!

しかし個人事業主として働くことも、軌道に乗せるまではなかなか難しく…、個人事業としての活動も諦めはしないけれど、保育料を黒字化するにはなかなか道のりは険しそう。

仕事をしていないわけじゃないとは言え、微々たる収入の為に保育園を利用することが後ろめたく思う事もあり悶々とした気持ちを抱えていました。

やっぱり外へ働きに出たい!

私の中には社会に出たい、人と接したいという欲求が強くありました。

なので悶々としているだけなら時間も気力ももったいないですし、地道にご縁を頂ける会社さんを探し続けることにしたのです。

そして保育園を利用するには、私の住んでいる自治体では1週間に16時間以上、1か月で64時間以上の就労が必要だと定められています。

就労時間的には在宅ワークでそれ以上働いているけど、収入面でもせめて最低賃金×64時間以上程度の収入を安定的に得られるようになりたい。

その両方を実現するためにはパートに出ることが近道のように思えました。

しじみ
保育園の利用には様々なルールが定められています。

詳しくはこちらの記事にまとめています!

認可保育園の保育料見直しと、来年度保育園継続利用の為の調査書類一式の提出がありました。

地道に求人情報をチェックして応募・エントリー。

毎週新聞の折り込みチラシやら、インディードやらでチェックしました。

しじみ
インディードはGoogleの検索で「駅名(地名)+平日のみ+パート(扶養内)」等で検索して情報を集めました。

その中でアパレル販売週1日~1日4時間~の案件を見つけるご縁があり、今回の応募に至ったのです。

子育て×アパレル販売員という働き方。

元々その業界に居た私は、正直子育てとアパレル販売の相性はあまり良くない…と思っていました。

保育園は土日祝日やっていませんし、アパレルの繁忙のタイミングと子育てのスケジュールはかみ合わないと考えていたのです。

でも今回の採用で、アパレルでも店舗の特性によっては主婦需要があるということが分かりました。

  • スーパー(食料品売り場)を抱えているショッピングモールでは、ピークタイムが平日の日中にある!

百貨店・駅ビル系の経験しかない私には目からうろこの人員需要が存在していました。

平日の11時~16時までの間での勤務を希望したところ、ちょうどその時間の人員が欲しいと思っていたという求人案件だったのです。

聞けばお店が混雑する時間帯だそう。

私が以前働いていた駅ビルや百貨店系は17時以降~閉店までの仕事帰りのお客様が多かったので、全く思いつくことのできない人員需要でした。

不採用でお祈り続きでもご縁のある職場にはストンと決まる。

仕事探しをしてみて毎回思うことは、決まるときは本当にあっけないくらいにさらっと採用されるということです。

志望動機も素直に通勤面の近さだったり、そんな内容です。

お仕事探しって不思議なものですね。

しじみ
もう雇用されて働くなんてきっと無理なんだろうなと思っていたので、不思議な気持ちです。

子持ち主婦のお仕事探しまとめ。

  • 主婦歓迎のアパレル案件は実在していた!
  • 個人事業とパートを組み合わせることで仕事探しの選択肢を増やすこともできる!

子育て真っ最中の方や、妊娠出産などにより1度正社員から離れてしまった方は今後のキャリアプランに悩まれることも多いかもしれません。

例えば毎月10万円稼ぎたい!と言う目標があったとしたら、パートで5万円+個人事業で5万円=合計10万円という稼ぎ方もあると思うのです。

雇用先だけに得たいものすべてを求めず、個人事業と組み合わせてみると仕事探しの幅も広がるかもしれません、なんて思っています。

一度に二つの可能性や収入源を育てていけることにとても希望を感じます…って前向きすぎるでしょうか。

個人事業はまだまだ月に1万円にいくかいかないかと言ったところですが、事業もじっくり育てつつ、パートでの収入や経験も得ていきたいです。

でもやっぱりアパレルだと服が欲しくなっちゃいますね!

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事