何故か右手だけ湿疹出まくって困ってます、こんにちは。

汗疱なのか主婦湿疹なのか。

痒いし皮むけるし、時々ジュクっとしてしまうし困ります。

子どもの湿疹とほぼ同時期に出来て、そのまま治らずななかなか手ごわい手荒れです。

しじみ

皮膚があまり強くない私は洗い物が大嫌い。

だって洗剤で手は切れるし赤くなるし湿疹出来るし。

特にスポンジをもつ方の右手だけ荒れが長引いていて、洗剤染みるし困っています。

石けん系の食器洗い洗剤に変えても治らない手荒れ。

我が家の食器洗い洗剤は石鹸系です。

でもね、荒れる人は洗剤次第で手荒れの程度こそ多少変化があるものの、手荒れ自体はするんです。

なので石鹸系にすると、多少ましだけどやっぱり荒れるものは荒れるんです。

じゃあ結局手袋使って洗い物するか、食洗機しかないかなーー。。って。

そんな考えに至ります。

合成だろうと石けん系だろうと、洗剤である以上皮脂は落ちるし荒れる人は荒れるんです

食器洗いで手袋するデメリットはちゃんと洗えてるかわからないこと。

手荒れ防止とは言え、食器洗いに手袋を使うと手触りでジャッジしていた洗い上がりチェックができない!!

これは変なところに細かい私にはストレスなのです。

泡やこびりつきが落とせてるか不安。

食器にヌルつきとか残っていても、手袋をして洗い物していたらわからなくないですか?

それとも手袋することを前提に絶対ヌルつかないくらいの超強力な洗剤を使うべき?

それもそれで、絶対素手で触れない洗剤を置いておくのも、

ちょちょっと洗いたいくらいの時には洗い物のハードルが上がるようで嫌だなーなんて思ってしまいます。

コップひとつふたつで手袋したくない!

なんて洗い物に文句言い過ぎですが、

でも洗い物がたまったシンクを見るのもストレスなんですよ!

しじみ
洗い物はためたらためたで面倒くさくなるし、かと言ってひとつふたつのライトなボリュームで手袋つけてさあ洗うぞっていうのも面倒くさがりな私にはハードル激高です。

 

食洗機は導入困難。

食洗器も検討しましたが、置く場所が難しくてなかなか導入に至らず。。

そして夫がお皿洗い担当なので、夫の在宅時の食器洗いはほぼやってもらっています。

それで手荒れする私の皮膚は相当軟弱なのだと思います。

小学校の頃、冬場に手荒れひどくて雑巾がけと雑巾洗い免除になる期間があったくらい。

そしてプールも塩素がダメで見学です。

この皮膚の弱さはしっかり子どもに引き継がれてしまって申し訳ないことこの上ないんです。

しじみ

そして話を戻しますが、ほんと食洗機欲しいーーーーー!

でも夫在宅時はほぼ食器洗ってもらっている手前お願いしづらい。

できればビルトインで。。。!!

 

もしキッチンリフォームの機会があったら絶対絶対つける…!

ビルトインの食洗器!

でもあれかー、食洗器を置けるスペースを考慮したキッチンレイアウトにしておく方が汎用性高いのかしら。

ビルトインより据え置きの方が設置費用安いし、交換になった時のコストが抑えられるような気がしてきた…(略

食器洗いは片手だけ手袋という選択。


前置きが長くなりましたが、先日片手だけ手袋で食器洗いしてみたら。

これ良い!!

 

私は右手で手袋+スポンジ、左手は素手で洗いました。

しじみ
画像は撮影の都合で左手ですが!

皮膚に負荷のかかる作業は手袋右手に任せて、左手は汚れ落ちチェックに専念。

結構湯温あげても、手袋がわの手で触れれば皮膚への負担は軽く済みます。

手の皮脂がとれ過ぎちゃうことを恐れて食器洗いの際に湯温をあげられず、お湯洗浄の恩恵を受けられなかったのですが、片手手袋ならお湯洗いも快適。

改めて洗い物の際の右手左手の役割を意識しながら行うと、スポンジ持ってる側の手の負担て大きいんですね。

洗浄成分にさらされた上に、スポンジとの摩擦が発生するから肌のバリア機能なんてひとたまりもなくて。

逆に利き手ではない方は、洗い物のお皿やコップ、鍋などに添えるだけとか支えてる状態の補助的役割が多いので、

そこまでどっぷり泡の洗浄成分にも浸らないし、摩擦も起きていないんです。

それなら片手だけ手袋で保護してあげればいいじゃん!!

おすすめの手袋はショーワグローブのニトリストフィット。

ごっついゴム手袋だと左右セットだし、取り回しも悪い。

色々使ってみてしっくり来たのはこの手袋でした。

もちろん両手に使えるのですが、かたっぽずつ消費してもOKな左右両用100枚入り。

ショーワグローブのニトリストはSS~LLまでサイズ展開が豊富です。

参考サイトショーワ公式サイト

そしてサイズの豊富さ!!!

手が小さい私にもストレスなしです。

ぴっちり!!

指先プカプカ大きいと作業しづらいんですよね。

これはそれがありません。

ニトリストは食品衛生法適合のグローブです!

参考サイトショーワ公式サイト

そして食品加工に使用してもOKな手袋なのも、洗い物・炊事用途にはうれしいです。

ショーワグローブはほとんど素手のような着用感。

このショーワグローブは丈感こそショートですが、プカプカとずれたりしない抜群のフィット感が丈の短さを補います。

ほとんど素手のような装用感なので、ショーワグローブをつけて洗い物をして、

グローブをしたまま手を洗ってタオルで拭き、そのまま調理にも取り掛かれる機動力!!

つけて外してのわずらわしさもなしに、手荒れをしっかりガードしてくれます。

しじみ

お食事の用意をされるかたならわかると思いますが、調理の合間に使ったものを洗っていきますよね。

その動作がグローブをつけたままでも叶うんですよ~!!

グローブをつけたまま洗い物と調理をいったりきたり出来るんです。

手を洗う要領で手袋を洗って次の動作に移れるのはほんと助かります。

 

もちろんお掃除にも使えますので、用途も多岐にわたるしリピートしない理由がない。。。

 


参考サイトショーワ公式サイト

 

使い捨て手袋は100均でなんて堅実ぶってないで、早く買えばよかったです。

100均のペロペロのビニール手ぶくろが1回使い捨てなのに対して、ショーワグローブは余裕で複数回使えます。

なのでコスト的にはほとんど変わらないのでは…?と感じています。

手荒れに悩むずぼらさんの洗い物&炊事には片手グローブで。

  • 洗い物のグローブは片手だけでも手荒れの悩みの軽減につながる
  • 片手だけグローブなら食器の洗いのこしチェックが容易
  • 片手だけだとグローブ着用のハードルが結構下がる
  • ニトリストなら食事作りもそのままできる
  • ニトリストはサイズバリエーションが豊富でフィット感に優れてストレスフリー

苦手(っていうか嫌い)な家事である洗い物のストレスがかなり大きく減ったニトリストレポートでした◎

手荒れするけど手袋邪魔だしめんどくさいし、洗い物ストレスなんだよねー、って言う方は、ニトリストのグローブを試してみてくださいね。

そのストレス、軽減できるかもしれません

私もちゃんとグローブするようになってから、手の湿疹がだいぶキレイになってきました。

手荒れは治っては悪化しのいたちごっこだったので、嬉しいです

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめの記事