妊娠前から働いていた職場のクローズ日がいよいよ近づいてきました。

妊娠・出産を経てもいろいろ調整をしながらお仕事をさせてくれた有難い職場です。

そして今の職場がクローズすると決まった時に、私は個人事業主としてのスタートも切りました。

立ち上げた個人事業も頑張っているけど、外でも働きたい!

そして今年の秋に開業した個人事業も、こつこつと作業を続けています。

更には新しい知識の吸収や集客などもやらなくてはならないのでしょうけれど、ひとりで家で細々働くことの孤独感と言ったら!!

そして動かなさと人との会話のなさで、数カ月で音をあげそうです…。

いやほんと、在宅ワークってね、誰ともしゃべらないし指先だけしか動かさないんですよ、なんかもう血行不良で思考までフリーズしそうです。

そんな状況なので、外にはたらきに出たいという気持ちもムクムクと湧き上がりました。

欲張りかもしれませんが、外で働くことと個人事業と両方をやっていきたいと考えたのです。

心の片隅に残ってた「アパレル販売員」への未練。

私元々10年近くアパレルで販売をしていたのです。

10年も出来たくらいだから、やっぱり好きな仕事だったんだろうなって思いました。

誰ともしゃべらない状況、動かない状況に身を置いてみて、「あーーー段ボールガンガンあけて両手にたくさんのハンガーつるしてエッサホイサしたーい」という気持ちが出てきました。

販売員なのに段ボールと触れ合いたいっていう方向性がもうなんか間違っていますが、結構段ボールと仲良くする仕事ではあります。

でもでも、サービス業って平日なら夜、そして土日祝日・年末年始、このタイミングでの出勤が欠かせません。

だから私は諦めました、結婚して子育てをしながらアパレル業界に残ることを。

でもね、求人を見てみたら、短時間勤務や扶養内・土日祝日も出来るだけお休みの配慮をくれるという企業も出てきているのですね。

何日か悶々と悩み続けて、応募ボタンを押しました。

エントリー後の電話で応募意思と希望勤務の詳細のすり合わせ。

応募ボタンを押した翌日、そのお店からさっそく電話がかかってきたのです。

  • 扶養範囲内で平日の日中勤務を希望していること
  • 1歳の保育園児がいて突然お休みを頂く可能性があること

これらをはっきりと伝えて、シフトへの影響を不安に思っているのでご迷惑でなければ応募を受け付けてもらいたい旨を申し出ました。

すると担当者の方は、実際に子育て中の主婦の方も何名か働いているので、理解は得やすいと思います、ただ休む場合に罪悪感などを働くご本人様が過剰に感じてしまうようであればおすすめは出来ないが、受け入れる体勢としては整っている方だと思って頂いて結構ですとのこと。

事前にそういった話も出来たので、面接をお願いすることになりました。

面接はこれから!ドキドキで履歴書の準備をしています。

ほんともう結婚してからは妙齢過ぎて妊娠がチラつくからか、私のスキルのせいなのか、どこの企業も塩対応で書類でバッサバサ不採用と言う経験もしましたし、仕事探しに期待を持てなくなっていました。

だからこそ雇用に頼らない収入源の確保にも乗り出して個人事業を開業したりもしたわけなのですが、この度また素直に現状を伝えても面接をして下さるという企業さんに出会えました。

雇用する側・される側でお互いのニーズの相違が起こりづらいように、自分に対応できることを明確にして面接の場に臨みたいと思います。

1歳児を抱えた個人事業主のパート探しまとめ。

ライフスタイルが怒涛の変化を遂げる妊娠出産育児期でも「細く長く」働き続けたい!!

家族の時間もほしいし、仕事もしたい。

色々なライフイベントが発生しても柔軟に対応していける土台をつくるためにも、家族も仕事も大切にできるバランスをみつけていきたいと思います。

おすすめの記事