2月に出産してから、あっという間にとは言いませんが、なんとか1年が経過しました。

いろいろきつかった~。

すがれるものならなんにでもすがりたいくらい、追い詰められていたので、病院にお世話になることも多かったです。

2016年の医療費総額はいくら??

  • 整骨院(夫) 7,120円
  • 整骨院(妻) 27,600円
  • 母子手帳受け取り後妊婦検診 26,540円
  • 産後ケア&検診 30,810円
  • 出産費用-42万 138,783円
  • 皮膚科 3,380円
  • 内科① 7,340円
  • 内科①の薬代 4,590円
  • 内科② 4,160円
  • 歯科 31,840円
  • 小児科 600円
  • 整形外科&タクシー代 2,302円
  • その他医療機関 1,880円

総額 286,945円

あくまで確定申告で締めているので、予防接種費用は入っていません。

上記の内容でしたので、控除額は18万ほどになります。

子どもは助成があり、受診が1回300円、薬代は無料の自治体です。

ウエイトが大きかったのは、出産関連、母乳外来、歯科、整骨院ですね。

母乳もトラブルがあっての受診なら、控除対象になるようです。

医療費控除が認められると回答のあったもの

税務署に電話で問い合わせたところ
「医療費控除の対象になる」と回答されたものです。

〇 1ヶ月検診
〇 骨盤ベルト(トコちゃんベルト)(→問い合わせレポート
〇 トコちゃんベルトのつけ方講習費用(→問い合わせレポート
〇 母乳マッサージ(→問い合わせレポート
〇 産褥ヘルパー(母体の療養にかかわる部分のみ。→問い合わせレポート
〇 産褥入院・産後入院(→問い合わせレポート
〇 個室費用(差額ベッド代)(利用がやむを得ない場合。→問い合わせレポート
○ 紹介状作成料(診療情報提供書)(→国税庁HP参照)

参考サイト妊娠・出産で医療費控除になるもの(まとめ)|妊娠出産をただただ記録するブログ

すごく参考になるサイト様で、読みながら確定申告書類をそろえました!

感謝。

結構な出費だったのは、出産、歯科、整骨院!

出産はやっぱり結構かかりますよね。

妊婦検診は受給券があっても、結構かかります。

母子手帳受け取るまでは完全に実費ですので、5000円×受診回数くらいはかかります。

なので妊婦検診で4万~5万程度ですね。

私は年をまたいでしまったので、母子手帳いただく前の費用は今回の確定申告では控除対象になっていません。

そして、整骨院は、腰を痛めたり、手首を痛めたり。

夫婦で力みまくって育児をした結果、色々なところを痛めました。

『これぐらい大丈夫!』と思って無理を重ねた結果、長期通院になるほどこじれちゃったりして。

そして、疲れが溜まったのか夫婦で歯肉炎になり、歯科通いです。

歯が痛いな~と思って受診したんですけど、歯が痛いんじゃなくって、歯肉の方からキテるとのことで、これも複数回治療に通いました。

妊娠出産が絡む女性は、口腔内の環境不安定になりがちなので、時間が許すうちに歯科も受診、おすすめします。

産後、おっぱいも歯も痛いって結構なストレスでした。

今はアドバイス通り、なんとか歯間ブラシも使ってケアをしています、たまにさぼるけど。

歯間ブラシはガムが良かったです、耐久性◎

SSSだと結構細くて、細かいところも出来ますが、フロスと併用しています。

あー、お手入れしづらい親知らず抜きたい、でも怖い。

内科関連だけだったら、そこまで大きな出費はなかった、かも。

風邪もよく引いたし、お腹はずっと下してるしで(産後、下痢が1か月単位で長期化したりしてた)、母子共々内科にもよく行きました。

でもこうやってまとめてみると、金額的な負担のウエイトはそこまででもなかったかな、というのが印象です。

2017年は本厄ですが、どうにかすこやかに過ごしたいなーっと思っています。

添付の領収書多すぎるから、今回はレターパックで投函してきます!

おすすめの記事