普通分娩する気満々だったんですけれど、結果的に緊急で縦切りの帝王切開になった私。

入院生活は普通分娩より長く退院するまでの日数は7日間ありました。

しじみ

普通分娩だと、4日間~5日間程度で退院できるようですね。

普通分娩と比較して2日間ほど長い帝王切開での出産の入院は、帝王切開後に動けるようなるまでの期間分で余計に取ってあるのかなーと言う印象です。

私の出産した産院では、産後に調乳や授乳、赤ちゃんのお世話などを研修のように教えてくれるのですが、帝王切開で出産したママはそのスケジュールが1日~2日、後ろ倒しになります。

サックリいうと、帝王切開後1日~2日程度は動くことがたいへんっていうことです。

裏を返せば2日たてば大体の動作は出来るし、傷もくっつき始めているから、普通分娩のママと同じように赤ちゃんのお世話やってみようか!って感じです。

でも上記は目安なので帝王切開でも普通分娩でも、予後が悪ければスケジュールには見直しが入ると思います。

そんな出産での入院生活ですが、快適に入院ライフを送るために役立ったものについてご紹介します!

帝王切開での出産!入院時にお役立ちだったアイテムたちはこちらです。

手術後のむくみは本当にすごい!ぱつぱつ脚が楽になる安定の着圧系ソックス。

術後は脚がものすごいむくみます、脚と言わずに全身むくみます!

翌日、ちょっと我に返って全身を見渡してみると尋常じゃなくむくんで、シワが消失してるんですよ、手も足も。

指とか見るとわかりやすいんですけど、指のシワなくなってるんです。

鏡みると顔も心なしか1.2倍くらいはありそうな勢いでとにかくびっくりしました。

手術で血栓防止の医療用のソックスははかせてくれるんですけれど、私の場合血まみれになってましたし、医療用はピッチリしているので自分ではきづらいんです。

なので、持って行っていた着圧ソックスをすぐにはきました。

しじみ

やっぱりはくと脚がラクになります。

立ち仕事の時からお世話になっているメディキュットを使っていました。

旅行の時なんかも、歩きすぎて足がだるくなってしまうから絶対持っていきます。

乾燥や傷口の保護、母乳育児の乳頭ケアまでおまかせな馬油。

むくんだ後は、乾燥するやら、授乳で乳頭損傷するやらします。

赤ちゃんのケアをするので、手を洗う回数もかなりのもの。

帝王切開後すぐは、とにかく身動きがとりづらいので、あれこれそろえるより汎用性の高いアイテムが枕元のすぐ手に届くところにある方が楽だったのです。

特に1日~2日目はマジックハンドとか欲しくなるくらい動くことが苦痛だったので、1つで何でも使える馬油は重宝しました。

マジックハンドとかあんまり家庭にないですよね…うちにもないです。

Amazonでは買えるみたいですけれども。

話を馬油に戻しますが、これは唇のかさつきに塗ったり、ハンドクリームがわりにしたり、顔や体の乾燥にとマルチに使えました!

そして乳頭の保湿、保護も行いました。

赤ちゃんにも安心なものは本当に助かります。

更には産後しばらくお風呂も入れず、顔も乾燥でガビガビになりましたので、馬油でオイルマッサージをして、ホットタオルで拭きとったことを覚えています。

この時にも馬油は液状よりもまったりしたテクスチャーで扱いやすくて、助かりました。

しじみ

ちなみに、切開した傷を無事に抜糸して、かさぶたがかゆいときや、傷口が乾いて引き攣れて痛いときにも塗っていました。

使用例を挙げてみるとかなりなんでも馬油で済ませた感がありますね。

動けない帝王切開後のおしりの痛みにはベーグルクッション。

しじみ

帝王切開後の入院の序盤戦である産後1日~2日は、なかなか思う様に体勢が変えられなくておしりの骨が痛いです。

経膣分娩でないので、会陰切開もしないし円座は要らないと思いきやあまりのおしりの骨の痛さにクッションは必須でした。

重心を分散させるのに、普段から使っていたベーグルクッションがすごく具合が良くて、産院でもこれを持ち込んで使っていました。

ほんとおしりやら腰やら痛いんです。

寝返りとか、自由に動けることって大切ですね。

そしてベッドも、リクライニングだけではなかなか授乳の体勢を整えにくいので、さらに無印のクッションを追加して、リクライニングで起こしたベッドと腰の間にひとつ、頭の部分にひとつ、と無印クッション2点使いで座ってました。

出典:無印良品ネットストア

無きゃ無いでいいんでしょうけど、あると楽です。

しじみ

500円のプチプラと侮ることのないように!

この軽さとフワっとした感じが、リクライニングベッドと体の隙間を埋めるのにちょうどいいんですよ!

無印じゃなくても、フワフワで軽くて取り回しがラクなもの、があるといいです。

寝た切りで腕の力だけでひょいっと取って、頭や背中を支えられる軽さが結構重要です。

ベーグルはおしりを支えてくれるけど、隙間にフィットして埋める役割はあまり期待できません、硬いので。

でもおしりの骨の痛みにはメイクヒップスベーグルクッション ビターチョコをものすごい推します。

ストール・授乳ケープ・肌かけと用途広く使えてはだ触りのいい掛け物系。

ガーゼケットにもなって、ボタンを留めれば授乳ケープにもなるようなものが役立ちました。

お見舞いなどの来客中の授乳にはケープにしていて、それ以外は赤ちゃんの肌かけにしたり、自分の体温調整に使ったりしました。

薄手のダブルガーゼが気持ちよくて、退院後にも買い足して洗替を用意したほど使ってます。

しじみ

現在は保育園でのお昼寝時ケットとして、保育園に出張中です。

1つで何役にも使えるアイテムはやっぱり助かります。

薄手でサラっとしているので、空調のきいている室内か、春夏におすすめの素材です。

冬出産だと、もっと暖かい素材のブランケットもあると助かります。

私は2月だったので、ユニクロのフリースブランケットも持ってきてもらいました。

手回り品を整頓!ミニバッグとフックやクリップの合わせ技とまさかの洗濯ばさみ!

え?って思いますよね、洗濯ばさみ。

これがスマホの充電器のコードとか、ベッドのフレームや手すり部分に挟んで留めておいたりできて、意外と便利なんです!

まだ動けない時に、ベッド下に充電器のコード落下しちゃって動けなくて、それだけでナースコールを押せず点滴の終わるタイミングを待って看護師さんに拾ってもらったり、申し訳ないので学習して洗濯ばさみでコード固定した次第です。

話はそれますが、フレディレック、可愛いですよね~♡

Freddy Leck(フレディレックウォッシュサロン) ランドリートート FL-109

Freddy Leck(フレディレックウォッシュサロン) ウォッシュタブ FL-117

そしてS字フック+小さ目の手提で、身の回り品をベッドに吊るしておくのも便利です。

しじみ

エアコンとか、TVのリモコンとか、スマホとか、枕元にガチャガチャあると結構邪魔なので、袋にINしてベッドに吊るしてスッキリです。

授乳室に行くときなど、院内のちょっとした移動にもちいさめのバッグは使えるので、おすすめですよー!

バグーのバッグは耐久性も使い勝手も良くてプチプラなのでおすすめです。

サイズ問わず増えてます!

入院用のデカバッグはこちらの記事で詳しく書いていますのでよかったらどうぞ↓↓

しじみ

そして家族との面会時間中に忘れずに手回り品を手の届く範囲にセットしてもらっておきましょうね!

特に初日!尿管ついてる時…。

動けないですから、本当に。

産後の下着はクロスオープンの授乳キャミがいちばん使い勝手良かった!個人的にはベルメゾン推し。

そして産後のヘビーな授乳には、クロスオープンのキャミ型がいちばん授乳が楽でした。

私はベルメゾンでキャミ4枚+ショーツ4枚購入して、ヘビロテして1年超ですが、耐久性よくて気に入っています。

ベルメゾンの授乳キャミは、母乳育児サイトを見ていると結構頻出でファンが多い商品のようですが、私ももれなくその一員です。

アンダーの締め付けが穏やかなので、乳腺炎になりやすいママにもおすすです。

キャミとショーツ、揃えられますよ~!

私は無地のグレーとネイビーを2枚ずつ購入しています。

洗濯に強いですし、子どもが襟元?をグングン引っ張ってもへたらない強靭なインナーです。

ブラトップのカップは取り外しできますので、母乳パッドを使っている間はカップとってしまうと楽です。

どんなお産になるかは産んでみるまでわからない!入院用品まとめ。

帝王切開予定の人も、そうじゃない人も。

出産は予定もわからないし、どうなるかも産んでみるまでわかりません。

急に帝王切開になってしまったママもお見舞いに来てくれる人にお願いして、少しでも過ごしやすい産褥期を送ってくださいね!

それではまた!

緊急帝王切開の記録はこちら

帝王切開後の入院の様子はこちら

おすすめの記事