苦節2年、やっと歯科医院で褒められました!!

産後に歯が痛んだ為に、産後はじめてのお出かけが歯科医院だった私。(※二週間検診や産婦人科受診を除く)

そこで産後は体だけでなく、口内環境もズタボロになっていることをはじめて知りました。

連日の寝不足に歯磨きどころじゃない育児。

不器用なわたしは正直歯のケアをまともにする時間も余裕もなかったんですよね…。

それに加えて、妊娠出産は口内環境が悪化しやすい条件が揃うので、見事に歯周ポケットは深まり歯茎は腫れ、歯石も付着しているような状況になっていたようです。

歯の痛みは虫歯ではなくて歯周病からきているものと聞いて、愕然としました。

しじみ

私が歯周病なんて!!という気持ちでした。。。

最近歯周病に関しては本当にいろいろな病気との関わりや因果関係・影響が指摘されているので、なんかもう本当落ち込みました…。

歯茎が腫れて歯周ポケットが深い!歯科医院で歯周病の治療をすることになりました。

お恥ずかしながら…三十代にして歯周病治療です。

ママ・パパの口内環境は子どもにも影響する!ってことで、ガッツリ夫婦で歯科通いになりました。

1週間おきの治療を1クール2~4回します。

そのあとは半年くらい時間をあけたのち、歯科検診をしてまた1週間おきの治療を1クールで2回~4回。

虫歯じゃなくって、歯周病で歯科医院にかかると、私の通っている歯科の場合はこんな感じです。

歯医者さんは1度行くと何度か通わなければ治療が終わらないのは歯周病治療でも同じですね。

治療開始時はとにかく触れるところ触れるところ腫れていて、ちょっとつつくとすぐ流血する、と衛生士さんに指摘されました。

おばさま衛生士さんなんですけど、すんごく良い方なんですよね、でも歯についての指摘は切れ味鋭かったです。

その鋭さは夫が本気で凹んで帰宅するくらいの切れ味です。

 

しじみ

ちなみに費用は1回2,500円くらいかかるので、それが2~4回分で1クールで5,000円~10,000円くらいします。

歯科通いって結構かかりますね。

治療してもなかなか浅くならない歯周ポケットにすぐ腫れる歯茎の悩みは深い。

半年に1クール、2回~4回程度歯科医院に通って歯周病の治療をしました。

  • 歯周ポケットの測定
  • 歯のクリーニング
  • 歯石取り
  • 歯を磨く
  • 歯磨き指導・磨き残しの確認

大体このプロセスを3回~4回くらいに分けて治療します。

時間は1回30分~1時間弱程度でしたでしょうか。

でもガッツリ歯科でケアしてもらっても、歯周病なんてものは日々のホームケア・自分での歯磨きがちゃんとできていないと改善しないわけなのです。

ちゃんとケアした!歯磨きした!今回こそは改善しているはず!!

そう思って定期受診に挑んでも、バッサリダメ出しされること数回…。

毎回4ミリオーバーの歯周ポケットに、歯茎の腫れ、歯石の付着を指摘されます。

でもね、今回は違ったのです。

歯のケアツールを一新してみたのですが、その後の受診では目に見えて大きな成果が上がりました。

大丈夫です、変なサプリとか売りません!

割と普通に手に入る、ただの歯ブラシと歯間ブラシとフロスのおすすめなので安心してください。

しじみ
でもあれです、正直夜泣きと病児育児が重なると歯茎腫れますよ、疲れって破壊力抜群なので…。

もし歯に痛みが出たら、歯周病の可能性もありますが疲れや疲労が原因のこともあります。

体調の回復も大切ですよ!

歯周ポケットが2~3ミリくらい浅くなった歯周病に効果ありのケアツールはこれ。

わたしの歯周ポケットは4~6ミリくらいだったのですが、それが2ミリ~4ミリに改善しました。

そのケアツールを紹介します。

タフトの歯ブラシは歯周病ケアならスーパーソフト推し。

まずはタフトの歯ブラシです。

歯周病ケア用の歯ブラシとか極細毛とかいろいろ市販のやつも購入して試してみたんですけれど、ガッツリ歯周ポケットに目に見える成果を与えてくれたのはタフトに変えてから。

ちなみにタフトめちゃくちゃ固いんで、スーパーソフトがおすすめです。

最初ミディアムソフト買ったら歯茎腫れやすい私には痛すぎて使えませんでした…。

スポットケアはプラウトのソフトがおすすめ。

歯ブラシで磨きにくいところは、無理してゴリゴリ歯ブラシでケアせずに、スポットブラシを使います。

どーも歯ブラシで磨いてもいまいちツルツルにならない箇所とかは、これで磨きます。

これもソフト買わないと痛いって口コミが多かったので、こちらは最初から素直にソフトを買いました。

結果ちょうど良いかたさで使えています。

デンタルフロスはクリニカのY字フロスが奥歯にもストレスなく使える!

なんと洗って使える強度を誇るクリニカのY字フロス。

フロスの糸が割としっかり太目で、ガッツリ歯間のよごれが取れます。

取っ手付きはゴミが増える感覚が何となく嫌で手を出さなかったのですが、繰り返し使えて奥歯まで届きやすいこのフロスは控えめに言ってもめちゃくちゃ良かったです。

そんなに高いものではないので、コレだけでも導入することをおすすめします。

歯垢がゴッソリとれて、これなしではスッキリしなくなりますよ。

ちなみに糸ようじも試しましたが、このかたちは奥歯がやりづらいのと、線が細く1度で使い捨てなこと、おしり部分のピックのとんがりが手に突き刺さるなど、私にはあまり相性がよろしくなかったです…。

何事も合う合わないがありますね。

歯間ブラシは一番使いやすかったのはGUMでした。

GUMが一番良いです、その次はデンタルプロも結構いいです。

逆にいまいちだったのは、マツキヨのプライベートブランドのやつは芯がぐにゃぐにゃですぐダメになりました。(悲)

GUMはSSS、SS、Sあたりを使用しております。

GUMが一番芯がしっかりしてる印象なんですけど、先っちょがちゃんと痛くないんですよね。

GUMで入らないところには、デンタルプロのSSSSがおすすめ。

デンタルプロのSSSSはかなり細いので、狭いところにも通しやすいです。

私はI字よりL字派です。

GUMとデンタルプロの歯間ブラシのサイズ比較

しじみ
主に愛用している歯間ブラシのGUMとデンタルプロですが、GUMのSSSでデンタルプロのSSと同じです。
メーカーで歯間ブラシのサイズ感には開きがありますね。

歯磨き粉には正直あまりこだわりがない。

歯周病ケア!っていうと、何だか歯磨きやデンタルリンスから手を出したくなります、が。

GUMやリステリンやらなんやらやってみたけど、やっぱり汚れをキッチリ除去しないと何の効果もあがりません(体験談)。

なので、汚れ除去アイテムを精査して、使ってみてからこのあたりに手を出せばいいのかなと思います。

ちなみに歯科医院のおすすめはコンクールでした。

歯茎やばいときにおすすめされたのは歯間ブラシをコンクールに浸して歯間ケアをするというもの。

めんどくさくてやっていませんが…(ダメ)

そして歯磨き粉に関しては一応我が家はシュミテクト使ってますが、これは歯周ポケット深いときから使ってるので何とも口コミしづらい感じです。

そんな訳で歯磨き粉だけで歯周ポケットは浅くならないと思うよ!(私見です)

歯周ポケットは浅く出来る!ケア次第で健康な歯茎を取り戻せるよ。

歯周病って治らないイメージがあって、言われたときには落ち込んだものです。

それから2年。

私の歯周ポケットは、残すところ4ミリが一か所になりました!!!

あとは2ミリ~3ミリです。

嬉しい…、なにこの達成感、がんばってよかった。

最初「歯周病だからお子さんに顔を近づけちゃダメよ~なんて笑顔でグサグサとダメだししていたおばさま衛生士さん。

それが今回は「うん、今回優秀!よく頑張ったわね!最初から考えると見違えるほどだわと、初めての誉め言葉です!!!

この調子で歯のケアは続けていきたいと思います◎

忙しいし疲れてるしああだしこうだし、ケアがおろそかになる色々ありますが、歯は大切にしたいです。

寝るつもりじゃなかったのに歯磨きもせずに子供の寝かしつけに行って一緒に寝ちゃったりとかねー、気を付けないと。

なんてちょっとだけ話がそれましたが、歯周病や歯周ポケットに悩んでいるのなら、今回ご紹介したツールを試してみてくださいね。

クリニカはほんと楽に歯間がキレイになるから、疲れてる時やちょっと歯に物が詰まった時でも気軽にケア出来ますよ。

フロス面倒くさい人にこそおすすめします。

特に中途半端な親知らずで奥歯に食べ物が挟まりやすい人!これいいですよ!

それでは本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

おすすめの記事