今日は夏至だという事ですが、外は暗くて雨模様。

偏頭痛持ちにはつらい、梅雨の時期ですね!

梅雨らしく、よく降るお天気です。

愛用の頭痛ーるでも、気圧がガツっと下がっています。

スクショ載せたいのですが、頭痛ーるって私のXperiaだとスクショできないので、気圧の下降グラフっぷりを貼れないのが残念です。

参考サイト頭痛ーる

しじみ
iPhoneでもandroidでも使えますし、頭痛もちさんや鬱っぽさのある方は、コンディションと気圧の変化の関連を確認するのに便利なのでおすすめです。

PCブラウザ版も見やすいですよー!

育児は思うように休めないので、偏頭痛の治療をしています。

妊娠中は、頭が痛ければアイスノンで冷やしながら、ひたすら横になって休むことが出来ていました。

でも、出産を終えた今、頭が痛くても育児は休めません。

産後ある程度経ったころ、なぜか偏頭痛の頻度があがってしまい、とてもつらい思いをしました。

肩こり、寝不足、育児疲れ。

よく眠って疲れをためないようになんて、無理です。

疲れのたまらない育児なんてないよ!!

自己判断で鎮痛剤を服用するのも、授乳中の為に躊躇してしまいます。

数カ月悩みましたが、重い腰をあげて頭痛外来へ通院を始めたのでした。

現在の治療は頭痛予防薬のミグシス+漢方薬の五苓散。

  • 朝夕2回ミグシスの服用
  • 肩まわりが重苦しくなってくる予兆を感じたら、五苓散

この服薬に落ち着いています。

最初はトリプタン製剤の処方があったのですが、今はもうマクサルトはほとんど飲みません。

頭痛も感じる頻度が激減していて、予兆が出たら五苓散の服用も効いているのかここ2カ月ほど、頭痛らしい頭痛はなく予兆どまりで食い止められています。

本当五苓散が心強いです。

ミグシスは正直効いてるのか効いていないのか、体感としての実感値があまりないんですけど、ミグシスもがんばってくれているのかもしれませんね。

頭痛で通院すると、費用はどれくらい?

わたしは内科や小児科、漢方外来を扱っている個人医院にかかっています。

大きい検査や入院、手術などが必要であれば、提携病院に紹介状を書いてくれるようなところです。

ネットで「地名+頭痛外来」で検索して、探しました。

初診:1,970円 (2/22)

主に問診で、脈や血圧を確認しましたが、血液検査やCTなどはなしです。

  • マクサルト 3回分
  • ロキソニン 6回分
  • ガスター 2日分

以上が処方されました。

2回目:2,030円 (3/8)

マクサルトを飲み切ってしまい、早々に2回目の受診になりました。

マクサルト自体は、タイミングが合えば効き目があり、頭痛に発展することなくやり過ごせるような状態です。

初診の薬を服用してみての状態を問診で確認し、脈や血圧などを確認しました。

また、初診からすぐにマクサルトを飲み切ってしまい、頻度が高いために偏頭痛の予防治療をスタートさせました。

  • ミグシス28日分 朝夕1錠ずつ
  • マクサルト3回分
  • ロキソニン8回分
  • ガスター5回分

3回目:2,000円 (4/7)

一か月が過ぎ、ミグシスがなくなるタイミングで受診しました。

偏頭痛の頻度は、特段変わらないような、ミグシス効いてるのかなーといった感じ。

でもミグシスは数カ月単位の服用で効果を見るらしいので、そのまま継続しマクサルトやロキソニンなども追加で頂きました。

  • ミグシス28日分 朝夕1錠ずつ
  • マクサルト3回分
  • ロキソニン2回分
  • ガスター6回分

4回目:580円 (4/18)

悪天候ラッシュでマクサルトががんがん消費されてしまいます。

春先って天候不安定ですよね!

なんて言ったら、日本で天候が安定している時期なんてほとんどないし、どこか気候の安定したところに移住したいとか本気で頭を過った時期です。

マクサルトが残り少なくなったので、ミグシスの消費を待たずに受診しました。

ここで頭痛ーるで検証した結果、天気が崩れるときに頭痛が来る傾向があることを伝えたところ、漢方薬の提案がありました。

  • 五苓散 7日分
  • マクサルト 6回分

ロキソニンとガスターは手持ちがあったので、処方なしです。

五苓散を新しく処方され、予兆のある時にちょっと五苓散だけ服用してみて、一応マクサルトも出しておくけど、と言った服用指示でした。

5回目:2,730円 (5/13)

このタイミングは、風邪を息子からもらっていたので風邪の診察と処方も入っています。

頭痛だけならかなり費用は安かったのではないかと思われます。

  • クラリシッド 7日分
  • テオロング 7日分
  • ビオスリー 7日分
  • アゼプチン 5日分
  • ムコダイン 5日分
  • モンテルカスト 5日分

↑ここまでかぜ薬です。

  • 五苓散 14日分
  • ミグシス 14日分

頭痛関連の処方は、五苓散が効いていることから五苓散と、ミグシスの継続という処方でした。

6回目:1,580円 (6/10)

また風邪ひいているので、ここでも風邪分が加算されています。

  • クラリシッド 5日分
  • ビオスリー 5日分
  • テオロング 5日分
  • アレロック 5日分

頭痛関連の処方薬は以下の通りです。

  • ロキソニン 6回分
  • ムコスタ錠 6回分
  • ミグシス 28日分

この時の頭痛は正直風邪によるものなのか、偏頭痛なのかって状態でしたが、五苓散があまり効かなかったところを見ると、風邪からの頭痛だったのでしょうね。

偏頭痛治療を4か月間してみてのまとめ。

正直、偏頭痛に関しては、先生の判断や誘因によってかなりばらつきがあるのではないかと思います。

ただ、薬価の高いと言われているトリプタン製剤の処方があっても、2,000円程度でしたので、そこまで大きな負担なく通院し、治療を受けることが出来ています。

私が今受けている処方の、五苓散とミグシスだともっと手頃な価格になるかもしれませんが、最新2回は風邪もひいていたので、細かな内訳は不明です、すみません…。

ただ、偏頭痛の対処法が確立されてきたり、相談できる医院にかかれていることは、心強いです。

本当吐くほどつらい偏頭痛。

頭が痛くなるかもと思うだけで憂鬱でしたしストレスになっていたので、助かっています。

ミグシスはもう3か月くらい服用しているんですね。

今後やめ時とか、減薬とかがあるのでしょうか。

そのあたりもまた記事にまとめたいと思います。

それではまた!

おすすめの記事